ソン・スンホン、約1年ぶりのファンミーティングにファン熱狂!取材レポート!

ドラマ『秋の童話』『夏の香り』『マイ・プリンセス』などで高い人気を誇る俳優ソン・スンホンが、2015年11月、横浜(18日)と大阪(27日)でファンミーティング「ソン・スンホンFAN MEETING in Japan~ソン・スンホンのおいしい時間 あなたとともに~」を開催。11月18日(水)パシフィコ横浜国立大ホールにて行われた公演の様子をお届けします!

ソン・スンホン2

開演時間になると、客席横の扉からサプライズ登場したソン・スンホンに会場は騒然、一気に大熱狂となった。ブラックのジャケット姿で通路を歩き、ファンに挨拶しながらステージへ立つと、ウエストライフの名曲『Nothing’s Gonna Change My Love For You』をしっとりと甘い歌声で披露した。

MCのYumiが登場し、あらためて「こんにちは、ソン・スンホンです。皆さんにまた会えて本当に嬉しいです」と流暢な日本語で語り、1年ぶりの日本ということで「久しぶりなので、とても緊張していて胸がわくわくしていました。喉の風邪をひいてしまったのですが、皆さんとお会い出来たので風邪も吹っ飛んでしまいました」と挨拶。
まずはファンも撮影可能なフォトタイムが行われた。

昨夜、1年ぶりに来日したというスンホンは「日本に来る度に、羨ましいなと思うことですが、澄み渡った空気と親切な皆さん、美味しい食べ物があり、胸がときめく気がします」と応え、1年ぶりのファンを前に「以前と変わらず美しいです」と爽やかな笑顔を見せた。

ソン・スンホン10

今年は「映画『ミス・ワイフ』が韓国で公開され、『第3の愛』という作品が中国で公開されました。最近は皆さんも大好きな『チャングムの誓い』のイ・ヨンエ先輩と『師任堂(サインダン)』というドラマの撮影中で、おそらく来年皆さんにお見せできるかと思います」と近況を報告。今回は30話を事前に撮影後、韓国、中国、日本へ同時放送される予定で、現在撮影で忙しく過ごしているとのこと。

夏に公開された映画『ミス・ワイフ』について、「コミカルな要素と、家族の愛を感じるジャンルの作品」と紹介。撮影現場は「コミカルな要素が多く、撮影の雰囲気もとても良かった。後半になるにつれて胸がジーンとなって、泣いたり笑ったりできる作品です。笑ってしまいNGも沢山だしたこともありました」と撮影エピソードも。

現在撮影中のドラマ『師任堂(サインダン)』については、イ・ヨンエ演じる主人公は、韓国で5万ウォン札の肖像になっている人物で芸術家で良妻賢母の代表格として今でも尊敬されている人物。スンホンの役どころは、サインダンの初恋の相手の役。年を重ねても同じ人を愛し続ける献身的で、サインダンを20年間愛し続けて、“一緒に手を繋いでこのまま逃げたらだめなのか?”という演技もあるという。「そんな演技は初めてなので難しくもありましたが、とても楽しいです。僕自身20年間同じ人を愛し続けたことは経験がないので、凄い人だなと思いながら演技をしています」と演じたことがない役を楽しんでいるといる様子。

スンホン自身、もうすぐデビュー20周年を目前にして、今回初共演というイ・ヨンエについて聞かれると「僕からみたら大先輩なんですが、結婚されて子供もいて10~11年ぶりの復帰作ということで、共演が出来るとは想像もしていなかったのでとても光栄なこと。一日一日責任を感じながら演技しています」と大先輩と共演出来る喜びを語った。ここでファンから「スンホンシー、ファイティン!」という声援を受け「ありがとうございます~」と嬉しそうなスンホン。

<ソン・スンホンと演技再現コーナー>では、2人のファンがステージへ登壇。映画『ミス・ワイフ』より、頭をなでなでするシーンを再現し「こんなに大勢の前で演技するのは初めてで緊張します」と恥ずかしそうに語った。

次に<マジックショー>が行われ、最後に入れ替わってスンホンが登場。「初めてなのでとても緊張します」「これから予言のマジックをお見せします。皆さんをとても愛してます。皆さんも愛してくれてると信じています。僕の心を込めて皆さんにテレパシーを伝えたいと思います」と少々慣れない手つきで、事前に書いたという4桁の数字が入ったブルーの封筒をスタッフに渡した。客席にカラーボールを投げ、受け取ったファン4人がそれぞれ好きな数字を1つ答えた数字が、事前に書いた数字とぴったり当てるというマジックを見事に披露した。

ソン・スンホン12

さらに、赤いハンカチを取り出し、一瞬にしてフルーツが出てくるマジックを見せると、フルーツと野菜の健康ジュースを作ることに。ここでは最年長の93歳と88歳のファン2人が選ばれ、スンホンに優しくエスコートされながらステージへ。嬉しくてなかなか話が途切れないファンの2人。イチジクのジュースが好きという93歳のファンに「イチジクがなくて申し訳ない(笑)」と言いながら、リんご、みかん、人参、プチトマト、セロリなどをミキサーに入れて健康ジュースを作りファンへ差し出した。「おいしいです」の言葉にひと安心したスンホンは「次はイチジクを出すマジックを覚えてきます(笑)」と約束。最後に記念の2ショット撮影にも「嬉しい!」「最高!」と大喜びのファンにスンホンも本当に嬉しそう。

ソン・スンホン15

次にロビーでのファンの写真がスクリーンに映され、ファンからの沢山のラブレターをスンホンに贈呈。「これは徹夜してでも読みます!」とファンレターを受け取ると、代表して2人のファンが本人の目の前で、心のこもったファンレターを朗読。会場は温かい雰囲気になり、みんなで「スンホンシー、サランヘヨ~」と気持ちを伝えた。

ファンの気持ちを受け取ると「ありがとうございます。最近感じていることは、以前僕が20代だった頃、演技は単なる仕事だと思うことが強かったのですが、僕がきっかけとなって韓国を知るようになり、実際に韓国に行って韓国を好きになったというお手紙があった時は、僕にとって大きな衝撃でした。それまで俳優として演技をしていて自己満足の世界だったのですが、僕の演技を見て感動してくださって、韓国に関心を持ってくださり、韓国にも来てくださる。“あなたがしている俳優という仕事は、私に幸せをくださいます。そんな感動的な仕事をされているあなたから沢山の幸せをいただいています”という手紙を読んだときに、僕は“俳優”という仕事について改めて感じるようになり、それ以来、作品に出るたびに責任感を感じるようになりました。そして、僕の仕事というのは、僕一人だけの満足ではないということも大きく悟るきっかけになりました。その時も、今でもファンの皆さんに心から感謝しています。僕が“俳優”という仕事を辞める時まで、皆さんからの言葉を胸に刻んで一生懸命やっていきたいと誓います」とファンに感謝を伝えた。

ソン・スンホン4

最後に「皆さんに久しぶりに会えてとても嬉しいです。ただ、昨日の夜からコンディションが良くなくて、風邪をひいてしまい、実は病院で注射も受けました。皆さんに会うのは久々なので、コンディションが良くないそぶりを出してはいけないと心配していたのですが、ウソのように元気になりました。それは皆さんが送ってくださった愛のおかげで治ったと思います。本当にこんな風にお会い出来てありがたいですし嬉しいです。僕に出来るのは演技しかありません。今、撮影中の『師任堂(サインダン)』を素敵な作品にして、皆さんに早くご挨拶できればと思います。」と感慨深く語ると、「次に来る時はイチジクが出るマジックを覚えてきますね(笑)」と付け加え、会場を沸かせた。ファンからの「スンホシーサランヘヨ~」という声援に何度も「ありがとうございます」と手を振り退場。
終始温かい雰囲気に包まれたファンミーティングは大盛況で終演した。

取材日:2015年11月18日(水)

この記事も一緒にどうぞ!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!

ページ上部へ戻る
Translate »