パダ、SMエンターテインメントからの日本進出第一号アイドルS.E.S時代の写真を公開!

S.E.Sパダ
先月28日に韓国で放送されたSBSのバラエティ番組「オー!マイベイビー」で、90年代を代表する女性アイドルグループS.E.Sのメンバーが勢揃いし、チャリティーバザーを行った様子が描かれた。

グリーンハートバザーについてシューは「1年に1度開かれるバザーを通じで良い行いをし、3人のメンバーの団結を深める」と説明。
アイドルを辞め、それぞれ別の道を歩んでいるが、シューは「私が一番先に結婚して、バザーで赤ちゃん用品を売ることになるとは思わなかった」と過去を懐かしみながらも語った。
ユジンも現在妊娠中であり、パダは「シューとユジンを見ていると結婚しなくちゃという風に思う」と幸せそうな2人を羨んだ。

パダは同日、自身のSNSに「まさに私たちが1号妖精達。特別な友達」というコメントと共にデビュー当時のS.E.Sの写真を公開した。
公開された写真の中のパダ、シュー、ユジンの3人は10代で、まだあどけなさが残っている。

S.E.Sは、1997年11月デビューのSMエンターテインメントの所属女性アイドルグループで2002年末に契約満了とともに解散した。SMエンターテインメントからの日本進出第一号アイドルとして、日本でも活動をした。

グリーンハートバザーで彼女らが得た収益金は、ユニセフ、チャリティーウォーター、動物自然連帯に寄付される。

この記事も一緒にどうぞ!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!

ページ上部へ戻る
Translate »