Dal★Shabetジユル&カウン、2人同時にグループを脱退、元メンバーは意味深発言で注目集める

Dal★Shabet003

写真:今年10月29日(木)に来日記者会見をしたDal★Shabet

ガールズグループDal★Shabet(ダルシャーベット)のメンバー、ジユルとカウンがグループ脱退を告げた。これにより現在6人組で活動しているDal★Shabet(ダルシャーベット)は4人組に体制を変更し来年初めにカムバックする見込みだ。

8日、Dal★Shabet(ダルシャーベット)の所属事務所は、「Dal★Shabet(ダルシャーベット)のジユル、カウンが12月末で専属契約を満了し、グループ活動を終えて一人立ちする」と明らかにした。

そして、Dal★Shabet(ダルシャーベット)のメンバー、ジユルとカウンは脱退を知らせる自筆の手紙をオンライン上に公開した。それぞれのSNSにもメンバーたち、スタッフ、ファンに向けた感謝の気持ちを込めた写真などを公開した。

ジユルは、普段から関心があった演技の分野に挑戦し、カウンは、ファッションの勉強を始めるということ。2人は最近、日本のスケジュールを行っていたが、脱退については一切示唆することさえなかった。これについて、日本のファンを傷つけたくなかったと伝えた。

ジユルとカウンは、2人の脱退後、4人組となるDal★Shabet(ダルシャーベット)のカムバックへの応援もお願いした。
ジユルは、「メンバーがカムバックを控えている。セリ、アヨン、ウヒ、スビンが、ものすごい曲でカムバックを控えている。期待してほしい。彼女たちがどのような舞台でも頑張れるように応援して頂けると感謝する」とファンに伝えた。

またカウンも、「合宿所で一緒に5年間過ごし、家族よりも、友人より、誰よりも家族のようなメンバーたち。どう表現すべきかわからないほど、とてもありがたく、ごめん」と書いた。

同時に2人が何の前触れもなく突如脱退するというニュースは驚きを持ってうけとめられることとなったが、元メンバーのビキがTwitterに一言、「そうだと思った」とつぶやいた。その後、そのつぶやきは削除されたが、つぶやきの時期やその後の削除などの意味深な行動でファンの関心を集めることとなった。

ビキ

写真:ビキのTwitter。現在は発言は削除されて見えない

Dal★Shabet(ダルシャーベット)は、2011年1月に6人組でデビューした。しかし、メンバー、ビキが2012年5月に脱退した後、6月から新メンバーとしてウヒが合流し6人組体制を崩すことなく活動してきた。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!





韓国ドラマVODランキング
ページ上部へ戻る
Translate »