映画『尚衣院~サンイウォン~』”宮殿の宝箱”と呼ばれた尚衣院の舞台セット大公開!

尚衣院サンイウォン
ハン・ソキュ、コ・スをはじめ、「相続者たち」のパク・シネや「応答せよ1994」のユ・ヨンソクと豪華キャスト共演で贈る絢爛豪華な宮廷歴史大作『尚衣院 -サンイウォン-』がいよいよ11月7日(土)日本全国ロードショーとなる。

映画『尚衣院~サンイウォン~』の舞台は、朝鮮王室の衣装を手がける尚衣院<サンイウォン>。尚衣院<サンイウォン>とは朝鮮王朝において王室の衣類や装身具の製作、保管管理をしていた部署、そして美を追求する場であり、別名“宮殿の宝箱”とも呼ばれていた。その宝物ともいえる尚衣院の舞台は見事に映画内でも再現されており、このたび尚衣院<サンイウォン>の舞台セットのスチールが公開となった。

尚衣院サンイウォン2

尚衣院サンイウォン3

尚衣院サンイウォン4

尚衣院は身分の低い者も両班にのし上がれる唯一の部署。美を追求する尚衣院<サンイウォン>で作られた服は宮殿の外の庶民の服装にも影響を与え、尚衣院の役人たちは王家の衣類や装身具の管理を任されていたため、権力者とのつながりも密接であった。太祖(1392年~1398年)が統治していた時代に作られ、その後は500年間にわたって朝鮮王朝において重要な役割を担っていたが、規模の縮小や高宗時代になると、名称は“尚衣司(さんいさ)”と変更されたこともあり、その後はその名だけが歴史上にかすかに記録として残るのみとなった。

そんな数少なり記録を元に本作では見事に尚衣院<サンイウォン>の舞台を見事に再現。
公開となった場面写真では、ハン・ソキュ演じるドルソクが数々の色の糸に取り囲まれた部屋で衣服を制作している様子や、多くのデザイナーたちが同じ衣服を纏って衣装を手がける大部屋の様子など、どのシーンをとっても厳粛ながら、宮廷の威厳と凛とした美しさを漂わせている場面を捉えており、まさに尚衣院<サンイウォン>の象徴的なシーンは必見だ。

このように、本作のもう一つの主人公といえる衣装に投入された制作費は、なんと10億ウォン(約1億円)!徹底した考証のもと100着以上の衣装が制作された。中でも一番印象的とも言える現代の婚礼衣装を彷彿とさせる純白の韓服は15枚の衣が重ねられており、3000個ものパールやビーズで装飾され韓国映画史上、最も美しいシーンとなっている。

尚衣院サンイウォン5

尚衣院サンイウォン6

本作は決められた服のパターンをもとに衣服を作る王室最高峰の伝統職人とパターンなしで想像する服を作り上げる庶民出身の天才デザイナーの美をかけた対決を中心に、劣等感に囚われた王、孤独に生きる王妃の運命が絡み合い、やがて歴史を揺るがす事件へと繋がっていく過程を美しき衣服の数々と共に描いた宮廷歴史大作。美しい衣装とともに、その舞台セットにも注目してほしい。

『尚衣院~サンイウォン~』映画のあらすじ

王室の衣服を作る部署、尚衣院<サンイウォン>を取り仕切るドルソク(ハン・ソッキュ)はその功績が認められ、6ヶ月後には両班となる事が約束されていた。ある日、王 (ユ・ヨンソク) の衣服を誤って燃やしてしまった王妃 (パク・シネ)は巷で天才仕立師として話題を集めていたゴンジン(コ・ス)の存在を知り、王宮入りを命じる。王妃の美しさに心奪われたゴンジンは生まれながらの美的センスと才能を発揮させ、たちまち王宮で活躍するようになる。王妃に対して無関心だった王は、美しい衣服を纏った彼女に惹きつけられるのと同時に、嫉妬に駆り立てられていく…。規則と伝統を重んじるドルソクはゴンジンが生み出す革命的デザインが王宮内外で評判となり、次第に危機感を抱くようになる。そして密かにゴンジンを陥れようと企てるのだが…

監督:イ・ウォンソク(『 男子取扱説明書』) 出演:ハン・ソッキュ(『ベルリンファイル』) コ・ス(『マルティニークからの祈り』) パク・シネ(「相続者たち」) ユ・ヨンソク(「応答せよ1994」) 2014年/韓国/127分/原題:『상의원』/配給:クロックワークス

映画『尚衣院~サンイウォン~』は11月7日(土)よりシネマート新宿、シネマート心斎橋ほかにて全国ロードショー。
http://saniwon-movie.com/index.html 

この記事もよく読まれています!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!

ページ上部へ戻る
Translate »