B.A.P、所属事務所との長かった争いに遂に終止符!

    B.A.Pの写真所属事務所との係争が続いていたアイドルグループB.A.P(ビーエーピー)が、これまでの問題を払しょくし、所属事務所TSエンターテインメントに復帰した。

    今月3日午前、TSエンターテインメントは報道資料を通して、「2014年11月26日の問題発生直後からB.A.P(ビーエーピー)との信頼を回復しようと最善の努力しようとした。TSエンターテインメントと対話しようという真正性ある努力の末、お互いの信頼を回復しB.A.P(ビーエーピー)は、2015年8月1日に復帰する」と発表した。
    そして、「理由を問わず、これらの一連の過程で傷ついたB.A.P(ビーエーピー)のメンバーと彼らの両親、そしていつも彼らの心強い味方になってくれた多くのファンの方々に、当社は深い責任を痛感しており、これに対して当社は、さらに細心の配慮でB.A.P(ビーエーピー)の明るい未来に向かって努力することをお約束申し上げます」とファンに対し心配をかけたことに対する謝罪の意を明らかにするとともに今後の活動再開を告知した。

    B.A.P(ビーエーピー)は昨年11月26日、ソウル西部地方裁判所に所属事務所であるTSエンターテイメントを相手に専属契約無効確認の訴訟を提起し、その後芸能活動は停止となった。B.A.P(ビーエーピー)が所属事務所へ復帰することが決まり、今後の活動に関心が高まっている。
    B.A.P(ビーエーピー)は、韓国はもちろん、海外でもキュートなマトキキャラとともに人気を集めており、活動中止の際には多くのファンに衝撃を与えた。

      この記事もよく読まれています!

      ページ上部へ戻る
      Translate »