元FTISLANDオ・ウォンビン、主演映画の挿入歌も披露!「~THE LIVE!!2015~」 取材レポート!

音楽だけでなく、俳優としても活躍している元FTISLANDのオ・ウォンビンが、今年2月のファンミーティング以来、6月13日(土)原宿アストロホールにて、ファン待望の単独ライブを昼夜2回開催しました。昼公演の様子をレポートします!

白いTシャツとジーンズというラフなスタイルでステージに登場したウォンビン。
大歓声のなか、生バンドのギターのロックな音色が始まると、『My way』と『C’mon girl』のビートの効いたロックナンバーでオープニングを飾った。サビではファンもジャンプし、会場の熱気は一気に急上昇!

オ・ウォンビン_0294

「みなさん、こんにちは!ウォンビンです。また、戻って来れて本当に嬉しいです。ファンミから4か月ぶりですね。少し前のようでしたけど、みなさんお元気でしたか?僕も元気でした。その間、僕はちょっと忙しくて、充実した時間を過ごしました。みなさんご存じのとおり、学校に行ったり、映画を撮ったり、忙しかったので、練習が十分じゃなくて、ちょっと心配だったけど…満足してもらえもらえないかもしれませんが、このライブで今の僕をお見せしたいと思います。久し振りのライブですが、バンドのみなさんと一緒にやりたいなと思って、今回、僕のわがままをお願いして、今日一緒にしてくれるバンドのみなさんを紹介します」と日本語で挨拶し、バンドメンバーをひとりひとり嬉しそうに紹介した。続けて自身が作詞した『Midnight Blue』や『Good for you』を披露。

「大学を卒業しないといけません、何年かかるか分かりませんが。映画も撮ってましたが、UPした写真を見てくれましたか?映画は韓国の済州島で撮ったんですが、監督さんも良くしてくれるし、楽しく撮りました。みなさんもぜひ見てほしいです」と、近況を語ると、映画の挿入歌(あとの質問タイムで『Wind』という題名と判明)をファンに初披露。ギター伴奏でスローに始まると、徐々に盛り上がるメロディで映画の世界感を壮大に表現した。

「次の曲は僕の好きなアニメのテーマ曲です。曲に込められた意味は、天国にいる愛する人への思いを込めた曲です。遠く離れ離れになった人を思い出した時の感性とスタイルが僕に響きました。そんな気持ちをみなさんに伝えられたらいいなと思います」とアニメ『秒速5センチメートル』の主題歌で山崎まさよしの『One More Time One More Chance』を感情込めて切なく歌った。

さらに「みなさん、僕のアニメ好きなのはご存知ですか?」と言い出すと「『エヴァンゲリオン』というアニメも大好きなアニメです。事務所の社長さんが僕と同じようにアニメ好きで、この曲は社長のおすすめでもあります。僕も大好きな曲なので楽しんで聞いてください」と『エヴァンゲリオン』の『残酷な天使のテーゼ』を歌いだしファンを驚かせた。体全体で楽しそうに歌うウォンビンに会場も大盛り上がりとなった。

自らMCを務めるウォンビンは、ここで「質問もらいましょう!みなさん、僕の気になることとかあれば…」と会場のファンを直接指名して質問タイムへ。

オ・ウォンビン_0705

(質問タイム)
Q.ペロちゃん(愛猫)の名前の由来は?
「ペルシアンだからペロです」

Q.映画の曲のタイトルは?
「映画のタイトルは『The Wind』で曲のタイトルは『Wind』です。僕が最初に撮った映画なのでぜひ見ていただければありがたいです」

Q.日本での公開予定は?
「この映画の監督さんがこの場所に来ています。でも紹介はやめて!と言われてるので…(笑)。公開はまだ聞いていないので分かったらSNSでお知らせします」

Q.今の髪型は気に入ってますか?
「言うと思ったぜ~!(笑)どうですか?(ファン「かわいい~!」)まあまあかな(照)。社長さんがこの髪型を気に入ってて、してるんですけど。すぐストレートにしますのでご心配なく(笑)」

Q.日本で食べたい物は何ですか?
「今回はいっぱい食べました。実は昨日“一蘭”にも行ったし、牛丼も食べたし…だからこのあとは新しいものを食べてみたいです」

Q.昔スポーツやってましたか?
「僕はボールが嫌いなので、ジムとかは行ってます」

Q.日本に個人的に旅行は?お祭り好きと聞いたので。
(バンドメンバーからも「お祭りにおいで!」と誘われるウォンビン)
「今、ちょっと韓国で頑張ってるので…お祭りは大好きだし、時間があったらぜひ行きたいです」

『サランヘ ト サランヘ』、『Ready to be my』を歌うと「またバンドでみなさんに会いたいです。来てくれて本当にありがとうございます。いつも凄く感謝しています。次回お会い出来る時は、新しいアルバムで皆さんに会いたいです」とアルバム制作を発表すると会場は拍手と大歓声が沸いた。ファンから「(発売は)いつ?」と聞かれると、笑顔で「分かんないよ~(笑)」とフレンドリーなウォンビン。ラストは力強いロックナンバー『2go』を熱唱、ファンも拳を上げてジャンプで盛り上がった。

アンコールでは「ウォンビン」コールが鳴り止まず、「ウッス!」と再びステージに登場したウォンビン。「とても時間が早く過ぎますね。今回のライブのために事務所の先輩でもあるジョンミンさん(SS501)がアドバイスしてくれたり、応援してくれました。そして去年新しい事務所に移って、すぐにファンミもして、今日のようにライブも出来ました。これからも一生懸命やってまた会いに来ますね」とファンと再会を誓い、『Don’t Cry』を熱唱。

「今日この時間を共にいてくれて、本当にありがとうございます。また必ず早いうちに来ますので、みなさん待っててくれますよね?(ファン「はい!」)近いうちにもう1つ、いい知らせがありますので楽しみにしていてください」と言うと、会場から歓喜の声が上がった。最後はバラード曲『To The Star』をしっとり歌い上げ、「ありがとうございまーす!」とファンの声援に、何度も手を振って応えステージをあとにし、大盛況で昼公演を終えた。

オ・ウォンビン_1502

◆終演後にはハイタッチ会も行われ、ファンと直接触れ合ったウォンビンさん。練習不足とのことですが、自ら日本語でMCも行い、ロックナンバーを中心に、ファンとコミュニケーションを取りながら、楽しいライブとなりました。新しいアルバムと映画公開が本当に待ち遠しいですね!

取材日2015年6月13日(土)

オ・ウォンビン~THE LIVE!!2015~セットリスト

2015年6月13日(土)@原宿アストロホール
1.My way
2.C’mon girl
3.Midnight Blue
4.Good for you
5.(映画挿入歌)
6.One More Time One More Chance(山崎まさよし)
7.残酷な天使のテーゼ
8.サランヘ ト サランヘ
9.Ready to be my
10.2go
(アンコール)
11.Don’t Cry
12.To The Star

この記事も一緒にどうぞ!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!

ページ上部へ戻る
Translate »