「アブノーマル会談」CROSS GENEタクヤなどメンバー6人が交代へ!!

「アブノーマル会談」の写真

写真:JTBC「アブノーマル会談」

人気番組「アブノーマル会談」がメンバー交代で注目を集めた。

29日に韓国で放送されたケーブル放送JTBCの「アブノーマル会談」1周年特集で、これまで明かされなかったエピソードと共に過去1年間を振り返る時間が描かれた。

人気司会者のチョン・ヒョンムは、番組最後にメンバー6人の降板ニュースを知らせた。 「アブノーマル会談」を降板するメンバーは、ロシア代表イリヤ、ベルギー代表ジュリアン、ネパール代表スーザン、フランス代表ロビン、日本代表CROSS GENE(クロスジーン)タクヤ、オーストラリア代表ブレアだ。

6人のメンバーは、各自の降板にあたっての感想と共に別れのあいさつをした。皆が「実感がない」、「終わりがないと思う」と番組に対する愛情を表わした。ロビンは、「終わりではない」とした上で、「この場がすごく懐かしくなると思う。機会を与えてくれて感謝している。外でみんなで会えたら良いと思う」と語った。

これに続いてジュリアンは、「アブノーマル会談を通じて、ベルギーの事を多くを伝えることができ、来るたびに多くの誇りと喜びを感じた」とし、「みんな愛している」と残念がった。また他のメンバーたちもそれぞれ自分の国を代表することができる機会に感謝するというメッセージを送った。

チョン・ヒョンムは最近、自身のInstagramのアカウントに、「アブノーマル会談、新しいメンバーとの最初の飲み会。チョ・ヒョンム、タイラー、チャン・ウィアン、新しいメンバー。新しいメンバーの顔は、まだ秘密。僕の後ろは、どこか」というメッセージを載せて、新しいメンバーと最初の収録を終えたことを示していた。新しいメンバーが出演する「アブノーマル会談」は、来月6日に韓国で初放送となる予定だ。

制作陣によると、新しいメンバーはすべて、今回降板したメンバーとは違う新しい他の国出身であるとのことだ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!

ページ上部へ戻る
Translate »