チョン・ジョンミョン 約4年ぶりの来日イベント「Jeong Myoung’s Party Time」取材レポート!

ドラマ「ハート・トゥ・ハート(原)」「リセット(原)」、 バラエティ「チンチャ サナイ~男の中の男」など、テレビでの活躍で幅広い層から人気を博している韓国俳優チョン・ジョンミョンが、2015年5月16日(土)品川プリンスホテルClub eXにて、約4年ぶりの来日イベント「Jeong Myoung’s Party Time」を開催しました。昼公演の様子をレポートします!

チョン・ジョンミョン_0675

食事終了後、YumiのMCにてイベントが進行。薄いベージュグレーのスーツ姿のチョン・ジョンミョンがステージ登場し、大きな拍手と歓声に包まれると「お久しぶりです、チョン・ジョンミョンです。皆さんお元気でしたか?」と日本語に続けて韓国語で「お会い出来て嬉しいです~」と挨拶した。

久し振りの日本ということで「とても嬉しいです。今回は日本で楽しい時間を過ごしたいと思い、本当に気分がいいです。韓国に比べると街の通りが綺麗だなという印象があります。今日もこちらに来る前に一時間位ホテルの周りを歩いたのですが、気持ちが良かったです。空気がキレイだなと思いました。」と日本に来た印象を語った。
ファンとの距離の近さに「凄く近いですね。とても気分がいいけど、ちょっとぎこちないです」と照れ臭そうに語り、日本の女性について聞かれると「韓国と日本の女性像は違うという印象があります。以前から日本のドラマ(「のだめカンタービレ」など)やドキュメンタリーを見るのが好きで、日本の女性像が好きです」と言ってファンを喜ばせた。

・最新ドラマ「ハート・トゥ・ハート(原)」について
日本でも7月からMnetにて放送開始する話題の最新ドラマ「ハート・トゥ・ハート(原)」ではチェ・ガンヒと共演。内容については「主に主人公の4人以外にも沢山の登場人物がいます。今回の監督さんは、それぞれの人物に焦点を当ててみんなが中心になるようなドラマ作りをされて、全てのキャラクターが生きているように感じます」と紹介。「ストレスを抱えている人や疲れている人が観て、とても癒されたという声が多いので、より楽しめると思う」と面白さをアピール。“イケメン精神科医でナルシスト”という自身の役柄について「今回はどう演技をしようかとあまり考えずに演技しました。自然と人物になりきって行動するのが好きな監督さんなので、僕も気楽に他の出演者や監督と話し合って、とても気楽に撮影出来ました」と自然に演じたことを語った。

チョン・ジョンミョン_0202

「ハート・トゥ・ハート(原)」名場面シーン公開
撮影での思いハート・トゥ・ハート(原)」名場面シーン公開出を聞かれると「去年の12月~今年3月の3、4か月の撮影で、まだどのシーンも鮮明に記憶に残っていますが、何よりも寒かったのを覚えています」と答え、「シャンパン1杯で女を落とすという役ですが、普段は?」(笑)と聞かれたジョンミョンは「僕も男ですからね、若い頃…20代の頃は、あんなことをしたことがあるかな…(笑)」と言って会場を沸かせた。

劇中でチェ・ガンヒ演じるホンドの顔が真っ赤なことを聞かれると「顔面が赤くなる症状は、実際にある症状で、対人恐怖症からくるものなんです。段階があって…」と医師のように詳しく説明するジョンミョン(笑)。そのチェ・ガンヒの印象について「15年以上の演技の経験があるベテラン女優なので、もしかしたら息が合わないかもしれないと心配してました。でも、泣くシーンで、カメラがガンヒさんから僕の演技になった時に、ガンヒさんは映ってないので泣く必要がないのですが、僕のことを考えてくれて、ずっと泣いていてくれたんです。テイク5回くらい繰り返してもずっと泣き続けてくれました。お願いしていないのに自ら進んでやってくださったので、感動しました。今まで共演した女優さんの中で5本の指に入ります」とチェ・ガンヒを絶賛した。

そのチェ・ガンヒとのラブシーンの映像に会場は悲鳴に包まれ、恥ずかしそうなジョンミョン。「相手が本当の恋愛相手なら別だったかもしれませんが、ガンヒさんとは会ってから一か月経ってないくらいの時で、ドラマでも序盤の頃のキスシーンの撮影で、“カット!”と言われた時にぎこちなかったです」と照れながらも撮影時の様子を語った。

<何でも聞いてよ!Heart to Heart♡>
ファンからの質問コーナーでは、直接質問者のところに行って質問を受け、ひとつひとつ丁寧に誠実に答えてくれた。

Q.自信がある、見てほしいシーンは?
「男同志でホンド(チェ・ガンヒ)をめぐって幼稚なケンカをするシーン。見ていても楽しめますし、僕も楽しく撮影出来たシーンです」

Q:ドラマの中で歌うシーンはありますか?
「あります。僕は歌が下手なので携帯電話にイヤホンをつなげて伴奏を聞きながら歌ったのでなんとか歌えたのですが、アカペラは歌えなかったんじゃないかと思います。音楽を聴くのは好きなんですが、歌うこと自体は大変なんです。そのシーンは苦労しました」

Q.以前インタビューで、激しいラブシーンをやってみたいと言っていたが、これ(先ほど見たチェ・ガンヒとのラブシーン)ですか?
「当時は、茶目っ気があって、そう話してしまいましたが、実際に撮ると本当にぎこちないので、いまだに悩んでいます。作品を選ぶ時に、あまりにも激しいシーンだと、ぎこちなくなるかなと思って選ぶのをためらってしまうのですが、このくらいのキスシーンはOKかなと思っています。今回の「ハート・トゥ・ハート(原)」のシーンは本当に楽しかったです。監督さんが上手く演出してくれて、凄く愛らしく撮ってくれたので、とてもいいシーンが出来たと思います」

Q.スポーツが得意なジョンミョンさんは、もし、オリンピックに出れるとしたら何の競技がいいですか?
「もし、出れるとしたら柔道ですね。柔道に関連した運動をやっていて、格闘技の一種でブラジリアン柔術と言って、全世界的にも人気がある柔術をやっています」

ここでジョンミョンが一旦退場。その間「ハート・トゥ・ハート(原)」のパンフレットや生写真のプレゼント抽選が行われた。次にファンの「ジョンミョン、サランヘ~!」の掛け声で会場が暗転。客席横の扉からのジョンミョンの登場に大歓声が上がり、<キャンドルサービス>が行われた。ファンが座るテーブルひとつひとつを挨拶しながらゆっくりと回り、紳士的にろうそくに火を灯すジョンミョン。ステージに戻り感想を聞かれると「皆さんと近くで目を合わせてご挨拶が出来て嬉しいです。何度も来てくれる顔なじみの方もいましたので本当に感謝しています」と笑顔で語った。

チョン・ジョンミョン_0661

<落としてみせるわ!ジョンミョン オークション!>
ファン1人あたりコイン7枚持参し、ジョンミョンに関する欲しいものを枚数で競り落とすコーナー。
同額の場合は、ジョンミョンとジャンケンで同じもの(ハート・トゥ・ハート)を出した人が勝利。ここでは、徐々に力が入るファン同士の競り合いに大盛り上がり!

“サイン入り色紙”“2ショットチェキ”“リハーサルで使用したタオル”
“バックハグ”ではファンもジョンミョンも大照れ。
“ジョンミョンの生声入り目覚まし時計”では「どんな言葉がいいか浮かばない…」というジョンミョンに「朝、恋人を起こすとしたら?」とYumiがアドバイスすると「くすぐったりして起こすのがいいかと…(笑)」と言葉じゃなくて動作の答えに会場は大笑い!結局韓国語で「(ファンの名)○○お姫さま、早く起きてください~」と優しく録音してプレゼント。「凄く楽しかったです。こんなふうに皆さんが喜んでくれるとは思いませんでした」と笑顔で語り、ファンも大興奮のコーナーとなった。

<胸キュン抽選会>
抽選で3名がステージへ。“胸キュンリスト”から好きなものを選んでジョンミョンにやってもらうというもの。
1人目は、“頭をなでてぎゅっとハグ”嬉しくて泣いてしまったファンに困ったジョンミョンは「急に悪い男になってしまいました(照)」
2人目は、左利きのジョンミョンが、ファンの手を取って、“一緒に韓国語を書いて教える”という知的な空間となった。
3人目は、強制的に“壁ドン”に(笑)。これはアドリブなのだろうか?壁ドンから、長いハグへと持っていくジョンミョン。感動的な音楽が流れる中、ステージも回るドラマチックな演出で大盛り上がり!
感想を聞かれると「最初はぎこちないかなと思ったら、温かい気持ちになってきて凄く良かったです」と、とても楽しそうなジョンミョン。

チョン・ジョンミョン_1289

終演が近づくと「今日はとても楽しかったです。終わる頃になって、終わるのが寂しい、残念だなという気持ちです。今日は心の触れ合いが出来たと思います。皆さんとは言葉も国籍も違うのですが、僕の小さな行動でもひとつひとつ喜んでくださって、僕が使っているものを皆さんにお渡しするというのもありましたし、ハグするというのは、スキンシップですよね?スキンシップの過程で、僕にファンの皆さんの心をくださったような気がして感動しました。これからも頑張って活動して、またこういった機会を作れたらいいなと思います。本当にありがとうございました」と今日の感想を語った。

最後に「今回の日本でのファンミーティングを終えたら、韓国に戻って6月末か7月の初めに映画の準備をして撮影に入る予定です。本当にファンの皆さんと、こんなふうに交流できるのが、楽しくて嬉しいので、また次回韓国でもいいですし、また日本で開催してもいいですし、皆さんと沢山交流していきたいと思っています。これからも頑張って活動して、さらに良い姿、頑張ってる姿をお見せすることで、ご挨拶にしたいと思います。撮影のたびに皆さんからSNSや手紙、ファンカフェにいろんなメッセージを送ってくださって、いつも感謝してます。皆さんからの応援メッセージが僕にとって力になっています。そして皆さんのためにこれからも一生懸命頑張って活動していきたいと思います。本当にありがとうございます」とファンに感謝し、今後の活動への意欲を語った。

チョン・ジョンミョン_1093

◆最初は慣れないイベントのせいか緊張した表情のジョンミョンさんでしたが、ファンと交流を深めながら緊張もほぐれたようで、最後は嬉しそうな笑顔でステージを後にしました。今後も素敵な演技で私たちを楽しませてほしいですね。

取材日:2015年5月16日(土)

■ファンクラブ情報
チョン・ジョンミョン ジャパンオフィシャルファンクラブ
www.jeong-myoung.jp

Mnetにて出演作品放送決定

●ドラマ「ハート・トゥ・ハート(原)」
放送日時:7月12日(日)スタート!
毎週(土)(日)午後6:45~8:00ほか

●ドラマ「リセット(原)」
放送日時:7月30日(木)午後8:00~9:00 1話先行放送
8月12日(水)本放送スタート!
毎週(水)(金)昼0:00~1:00ほか


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!





韓国ドラマVODランキング
ページ上部へ戻る
Translate »