ZE:Aシワン&コ・アソンが出演映画「兄思い」18日にクランクイン!

【無料お試しも▶▶】 韓国ドラマ動画配信サービス徹底比較ランキング!

「兄思い」の写真ZE:A(ゼア)のメンバー、シワンと女優コ・アソンが映画「兄思い」で共演する。

映画「ワンドゥギ」、「優雅な嘘」のイ・ハン監督の次回作であり、シワンとコ・アソン主演で期待を集める映画「兄思い」が、イ・ヒジュンをはじめとする全出演者のキャスティングを終了し、18日から本格的な初撮影に突入した。

映画「兄思い」は、1950年代の朝鮮戦争を時代背景に、全てを失った子供たちとその子供だけは守りたい1人の兵士が戦場の真ん中で歌う美しい奇跡を描くヒューマン感動大作だ。朝鮮戦争当時、存在していた児童合唱団をモチーフにした「兄思い」でシワンは、合唱団の子供たちに出会い徐々に変わっていくハン・サンリョル少尉役を、コ・アソンは、合唱団の子供たちの世話をするパク・ジュミ役を演じる。

映画「兄思い」は、撮影に先立ち出演者全員が集まり、真剣な雰囲気の中、台本の読み合わせを行った。また映画の無事の撮影とヒットを近眼する祭事を行い、18日に遂にクランクインした。京畿道(キョンギド)高陽(コヤン)市のセットで行われた最初の撮影は、ハン・サンリョル少尉の過去回想シーンで、シワンはキャラクターに完全になりきった。俳優としてのキャリアを着実に積み重ねてきたシワンが「兄思い」を通じ、より一層成熟した深い演技を見せてくれるものとして期待を集めている。

初撮影を無事に終えたシワンは、「『兄思い』のシナリオを初めて見た時、子供たちの純粋な心を守らなければ、という使命感を投げかける映画だと感じた。イ・ハン監督を信じ​『​兄思い』が伝える純粋な心をうまく伝えられるように自らの役に最善を尽くしたい」と作品に対する愛情と意気込みを伝えた。

イ・ハン監督の次回作であり、シワン、コ・アソン、イ・ヒジュン、そして40人の子供合唱団が見せる「兄思い」は温かいアンサンブルとハーモニーで観客を魅了する予定だ。「兄思い」は、今年下半期に韓国で公開される予定となっている。


この記事もよく読まれています!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!

ページ上部へ戻る
Translate »