パク・ヒョンシク(ZE:A)ソ・ガンジュン(5urprise)『家族なのにどうして?』プレミアイベント 記者会見レポート!

【無料お試しも▶▶】 韓国ドラマ動画配信サービス徹底比較ランキング!

4月25日(土)東京・国際フォーラムにて開催された『家族なのにどうして?』のイベント1部と2部の間に、ドラマにも出演するZE:Aのパク・ヒョンシクと、5urpriseのソ・ガンジュンを迎えて記者会見が行われました。

パク・ヒョンシク(ZE-A)ソ・ガンジュン(5urprise)

パク・ヒョンシク(ZE-A)ソ・ガンジュン(5urprise)2

パク・ヒョンシク(ZE-A)ソ・ガンジュン(5urprise)3

■関連記事
パク・ヒョンシク(ZE:A)ソ・ガンジュン(5urprise)ドラマ「家族なのにどうして?」プレミアムイベント 取材レポート!
パク・ヒョンシク(ZE:A)ソ・ガンジュン(5urprise)ドラマ「家族なのにどうして?」記者会見オフィシャルフォトレポート

パク・ヒョンシク「こんにちはドラマ『家族なのにどうして?』ダルボンを演じたヒョンシクです。お会いできて嬉しいです。
ソ・ガンジュン「皆さん こんにちは、『家族なのにどうして?』でウノ訳を演じたソ・ガンジュンです。よろしくお願いします」と会見が始まった。

Qそれぞれの役柄について教えて下さい
パク・ヒョンシク「チャ・スンボン一家の末っ子のチャ・タルボン役を演じました。とても子供っぽくてトラベルメーカーな息子でウノとソウルと三角関係に発展するのですがそれを通じてだんだん大人になっていく姿も見られる、そんなドラマです。応援よろしくお願いします。」

ソ・ガンジュン「『家族なのにどうして?』では元アイドルスターで現在は自分の親の息子にしたいと思わせるように生きるユン・ウノと言う役をやらせていただきました。そしてダルボンと昔からの友達でしたがドラマの中では一人の女性を巡って愛を取り合うというライバルの役です。」

パク・ヒョンシク(ZE-A)

パク・ヒョンシク(ZE-A)2

パク・ヒョンシク(ZE-A)3

Q韓国で40%の視聴率をとったこの作品に出演されて得たものは何ですか?
パク・ヒョンシク「今回の出演を通じて本当にたくさんのものを得たと思いますがやはり 大先輩方の愛を得たと思います。なかなかお会いできないみなさんとドラマでご一緒させていただきそして、学ばさせていただいて、様々なお言葉をいただきました。本当に光栄に思っています。そしてドラマが終わっても集まってお食事を一緒にさせていただいたりしていて本当に幸せに過ごさせていただいています。」

Q得に印象に残っている撮影エピソードはありますか?
ソ・ガンジュン「ヒョンシクさんと一緒に撮影をさせていただいてとても仲良くなることができました。ヒョンシクさんは本当に僕の面倒を良く見てくれて、ある意味、大先輩方との演技の中間でもヒョンシクさんが間に立ってくださって色々と面倒を見てくださり本当に感謝しています。そして撮影現場ではたくさんの事がありましたのでエピソードは、思い出に残ってることを話したいと思います。撮影中に食事をするときにヒョンシクさんとよく食事をしに行きました。二人ともお肉が好きですので鴨の料理を食べたり、韓国料理、中国料理など食べました。」

Q今日のドラマイベントのためにどんな思いで準備をされてきましたか?
パク・ヒョンシク「こういうドラマのファンミーティングが僕いとって初めての経験で、何をを準備したらいいのかと悩みましたが ガンジュンさんと一緒なのでそのプレッシャーも軽滅しました。『家族なのにどうして?』のファンのみなさんに何をおみせしようかと考えてサプライズイベントなども準備しました。」

Q今日を迎えて 昼公演を終えての感想はいかがですか?
ソ・ガンジュン「僕も最初はたくさん緊張をしましたが、イベントが進んでいくにつれてだんだん楽しいなという気持ちになりました。ヒョンシクさんが隣にいたのでやはり頼りがいがあって だんだん緊張もほぐれていって楽しい時間を過ごすことができました。そしてまた ドラマの内容をイベントの最中にナレーションでご紹介する部分があったのですが、改めて撮影したドラマを見てその時の思い出がよみがえるような感じがしました。また 悲しいシーンもあって悲しくなったりもしましたが 楽しいイベントでした。」

ソ・ガンジュン(5urprise)

ソ・ガンジュン(5urprise)2

ソ・ガンジュン(5urprise)10

Qこれからの活動計画を教えてください。

ソ・ガンジュン「これから『家族なのにどうして?』の撮影が終わって、新しいドラマ『華政』というドラマに出演させていただく予定です。こちらのドラマもたくさん愛してほしいと思います。楽しみにしていてください。そしてもう一つ「5urprise」があります。グループとして活動していきたいと思います。昨年アルバムを発売したのですが、今年も日本のファンのみなさんに会いたいと思っていますので、今後の僕の活動もぜひ暖かく見守ってほしいと思います。」

パク・ヒョンシク「僕も新しいドラマの準備に入る予定になっています。また明日はZE:A FIVE1が日本でライブをする予定で応援に行きたかったのですが、僕のスケジュールの関係上応援に行くことができなくて、とても残念に思っています。でもZE:Aの活動も活発になっていって様々な作品でみなさんにお会いしたいと思っています。みなさんの応援と関心をよろしくお願いします。」

Qグループ活動をしているお二人ですが他のメンバーからこのドラマや役について感想などありましたか?

パク・ヒョンシク「ZE:Aの(活動)の中で演技を始めることができたんですが、演技をお互いに教えあったり、役柄については「こうしたらいいんじゃない」とか相談をしてお互い頼りあっていました。そしてまたこういう新しい活動もひとりで違う分野に進出するというのは不安があると思うのですが、同じ経験をしているメンバーがいるということでとても力強かったです。」

ソ・ガンジュン「僕のグループ自体が俳優グループなので 基本的に演技をするメンバーで構成されているのでお互い頼り合ったり アドバイスをしたりしています。お互い作品をモニタリングして「ここは少し変」とか「ここはなぜこうしたの?」ということをお互いに話したりします。本当にお互い学びあったり 頼りあったりしています。」

Qドラマの中で二人が恋のライバルですが、実際に恋のライバルだったらどうしますか?
パク・ヒョンシク「いや~(笑)」(お互い顔をみて笑う)
ソ・ガンジュン「実際の状況なら僕だったらソウルに任せます。
パク・ヒョンシク「そうそう」
ソ・ガンジュン「なぜなら 僕たち二人がソウルを愛してる。ソウルの心が重要だと思う。
パク・ヒョンシク「そうそう」
ソ・ガンジュン「ソウルが僕に少しでも気持ちがあるならウノのように行動したいと思います。でも僕に気持ちがなくてダルボンに気持ちがあるならこれは、 赤い糸じゃないんだと思って諦めると思います。」
パク・ヒョンシク「僕が思うには、ガンジュンさんと理想のタイプがかぶることはないと思います。(笑)そしてまたそうでなければならないと思います。」

Q相手のここが男らしいと思うところはどこですか?
パク・ヒョンシク「(ガンジュンと見つめ合って)僕が見るガンジュンさんの魅力はまさに見た通りです。どんな女性が見てもきっと一目ぼれするルックスをもっているじゃないですか。本当に親しくなって思ったのですが気持ちも本当に温かいそんな人なんです。優しくて礼儀正しくて そして撮影現場でも監督さんやスタッフさんにも本当によくしてあげていて誰からもかわいがられるそんな人ですね。一目ぼれしない女性なんていないはずです。」
ソ・ガンジュン「ソウルは一目ぼれしなかったんだ(笑)」
パク・ヒョンシク「あ~ハハハそうだったね(笑)」
ソ・ガンジュン「ヒョンシクさんの初対面での第一印象は『本当の男』という番組で見た通り、本当にかわいらしくて親近感があって、そして自分から先に相手のことを考える、そんな人だなと思いました。実際には本当に自分より年上の兄貴分として相手を包み込んでくれるようなそんな人だと思いました。そこが非常に大きな魅力だと思います。相手を包み込むように接してそして相手に心を開かせるというのは、僕も見習うべき点だな思いました。」

質問が終わりフォトセッションへ。
お互い話をしている間、うなずいたり、顔見合わせたり、笑いがあったりと和やか会見でした^^。

パク・ヒョンシク(ZE-A)ソ・ガンジュン(5urprise)4

パク・ヒョンシク(ZE-A)ソ・ガンジュン(5urprise)5

パク・ヒョンシク(ZE-A)ソ・ガンジュン(5urprise)6

パク・ヒョンシク(ZE-A)ソ・ガンジュン(5urprise)7

パク・ヒョンシク(ZE-A)ソ・ガンジュン(5urprise)8

パク・ヒョンシク(ZE-A)ソ・ガンジュン(5urprise)9

パク・ヒョンシク(ZE-A)4

パク・ヒョンシク(ZE-A)5

パク・ヒョンシク(ZE-A)6

パク・ヒョンシク(ZE-A)7

ソ・ガンジュン(5urprise)3

ソ・ガンジュン(5urprise)4

ソ・ガンジュン(5urprise)5

ソ・ガンジュン(5urprise)6

ソ・ガンジュン(5urprise)7

ソ・ガンジュン(5urprise)8

ソ・ガンジュン(5urprise)9


この記事もよく読まれています!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!

ページ上部へ戻る
Translate »