MBC新水・木ドラマ「夜を歩く士」、イ・ジュンギ、東方神起チャンミン、イ・ユビと共にイ・スヒョク&キム・ソウン出演決定!

【無料お試しも▶▶】 韓国ドラマ動画配信サービス徹底比較ランキング!

イ・スヒョクとキム・ソウンがMBCの新水・木ドラマ「夜を歩く士」(脚本:チャン・ヒョンジュ、演出:イ・ソンジュン)に出演することが決定した。

11日、イ・スヒョクの所属事務所とキム・ソウンの所属事務所は、2人が今年7月の放送開始が予定されているMBCの新水・木ドラマ「夜を歩く士」に出演を確定したと伝えた。

ドラマ「夜を歩く士」、既にキャスティングが発表されているイ・ジュンギ、東方神起チャンミン、イ・ユビと共にイ・スヒョクとキム・ソウンの主演が決定、豪華出演陣により、見るだけでも楽しいビジュアルファンタジー効果で期待がさらに高まっている。

イ・スヒョクは、「悪」そのものである吸血鬼のクィ役を演じる。美しさで人の心を魅了する吸血鬼で、人間界を手中にし、牛耳る隠れた支配者という設定だ。イ・スヒョクは、イ·ジュンギと対立し、緊張感与える役割を果たす。

キム・ソウンは、ドラマの中でキム・ソンヨルの許嫁であるイ・ミョンヒと貴族の箱入り娘チェ・ヘリョン役で過去と現在をつなぐ相反した魅力で、1人2役の演技を披露する。

「夜を歩く士」のドラマ制作会社は、「イ・スヒョクとキム・ソウンの緊張感を吹き込む役でキャスティングが確定した。ドラマを貫くコアな活躍を見せる予定だ。イ・スヒョクとキム・ソウンの出演が確定したことで、主演5人のパズルが完成した。一生懸命に準備をしている『夜を歩く士』に期待してほしい」とコメントした。

7月から放送予定のドラマ「夜を歩く士」は、「太陽を抱く月」、「奇皇后」などを共同演出したイ・ソンジュンPDが演出を担当、「コーヒープリンス1号店」を執筆したチャン・ヒョンジュ作家が脚本を書く。


この記事もよく読まれています!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!

ページ上部へ戻る
Translate »