イ・ジフン「今年は是非良いお知らせを…」インタビュー到着!

【無料お試しも▶▶】 韓国ドラマ動画配信サービス徹底比較ランキング!

今年7月、約2年ぶりに東京でファンミーティングを開催する歌手・俳優として活躍中のイ・ジフンからインタビューが到着しました!

イ・ジフン3

―3月にミュージカル『ラ・カージュ』を終えて最近どう過ごしていますか?
「『不朽の名曲』を頑張って撮影しました。最近はミュージカル『エリザベート』を一生懸命練習しています。6月13日から公演が始まるんです。今は練習の真っ最中ですね」

―6月に開幕するミュージカル『エリザベート』に2013年に続いて再びルケーニ役として出演することになりました。もう一度同じ作品に出演することになった理由は? 作品の魅力、役の魅力を教えてください。
「とてもクラシックでありながら、私たちの耳に慣れているポップな要素も含んでいます。音楽の面ではこの二つが共存していますね。そして、ルケーニという役は作品の中でとても多くのキャラクターをこなしています。最後にエリザベートを暗殺する殺人者ではなく、全体的に劇をリードする司会者として登場します。ルケーニの中で様々なキャラクターが次々に登場するから楽しいんです。そして、制限があるわけでもないんです。ここから登場してあっちに行かなければならないというような決まりがなく、自ら行きたいところに行って、したいことをする自由なキャラクターなんです。私は初演の時にこの作品を見て、男性の役にトッドという役もありますが、このルケーニという役にとても魅力を感じたので、一度出演してみたかった作品でした。それが、再演のときに出演することになって、嬉しかったですね。それにとてもありがたいことに、この役で助演賞も受賞できました。私にとってはミュージカルのターニングポイントになった作品でしたので、今回、また上演されると聞いた時には誰にもこの役を渡したくなかったです(笑)」

―最近、歌手出身でミュージカルで活躍する方が増えています。今回出演される『エリザベート』にもSE7EN(セブン)さんが出演しますね。
「彼がとても大変なことがあってから初めて公式の場で出演する作品なので、自分でもとても悩んでいることが目に見えます。自分の練習日ではない日にも来て、ずっと見学していたり、練習したり。そのように時間を使っているのは、本人のプレッシャーもあると思いますが、うまくやりたいという気持ちもあると思うんです。今回の作品は、彼にとってもターニングポイントになれる作品だと思うんです。とにかくたくさん悩んでいます。私も同じですが。彼にも私と似たようなプレッシャーがあると思います。以前にも、ジュンスさん、ヒョシンさんなど、多くの方がトッド役で自分ならではの色を出していたので、セブンだけの魅力でトッドを表現しなければならないというプレッシャーが大きいと思います。でも、オク・ジュヒョンさんはじめ、他の俳優さんも皆で彼を手伝っていますし、全員で集中しているので、本人が緊張さえしなければとても良いキャラクターを見せることができると思います」

―最近はミュージカル活動に力を入れているような気がします。自分にとってミュージカルの魅力とは?
「いろんなことをしてみましたが、ミュージカルが一番大変だと思います。体力的にも精神的にも。積もっていくダメージが一番大きいんです。それでも続ける理由は、公演を終えた時に必ず得られる何かがあるからです。舞台に上がる直前までコンディション管理をしなければならないですし、全てがライブで行われるので、感覚がとても敏感になっているせいかストレスをかなり強く感じます。それにも関わらず続ける理由は、きっと、終わった時に明るくて良いエナジーを観客を通してもらうからです。私が舞台でとても集中して演じた後で『今日は本当に良く出来た』と感じることに加えて、最後に観客が私に見せてくれる表情の中に喜びを感じますし、ある方はただ笑っているだけなのに『ありがとう』と話しているような気もするし。中には、寝ていた観客もいると思いますが(笑)。そのような観客の一つ一つの表情の中で、『あ、私は生きているな』、『私が誰かにこのように感動を与えられる人なんだ』というのを感じることができるんです。アルバムの中の歌はひとつの流行として過ぎてしまう場合が多いじゃないですか。アルバムを聞いて『感動しました』と言ってくれる人はあまりいなくて、音楽がいい、歌がいい程度の反応で終わるので。でも、ミュージカルは、公演が終わってから人々が『本当に感動した』と話しているのを聞くと、芸能人として、公演文化をずっとリードする仕事をしている人間として、ミュージカルは得るものが一番大きいんです」

―イ・ジフンさんが出演するミュージカルを見に来る日本ファンも多いです。遠くから来てくれるファンを見るとどうですか?
「限りなくありがたいです。本当に。これって簡単なことではないじゃないですか。飛行機チケットを取らなければならないでしょう、来ると宿泊しなければならないでしょう? それに一回来たら一回だけ見て帰るのではなく、週末だと2回見て帰る方もいるので。心の中ではそう思うんです。『あ、これ、字幕も一緒に出ればいいのに』って。でも最近は字幕をつけるところがあまりないですし、私が出演した作品は字幕がないものが多くて残念でした。とにかく本当に感謝しています。なので、短い時間ではありますが、公演が終わってから少しでも顔を見て、プログラムブックにサインをしてあげたり、そのような時間を持つことが私に出来る感謝の表現だと思っているんです」

イ・ジフン2

―7月20日に日本でファンミを開催します。いつ以来ですか?
「1年半ぶり?ですね。昨年はできなかったので、ほぼ2年ぶりだと思います。去年予定されていたファンミが、その時に担当していたイベント制作会社によって一方的にイベント中止という事態になってしまい、私とファンの皆さんに大きな傷を残してしまったということがありました。今回、皆さんと直接お会いすることによって、より嬉しさ、楽しさが倍増する時間になればいいなと思っています。本当に期待しているんですが、どれくらい多くの方々に来ていただけるかも心配です。最近、韓流人気が落ち込んでいると聞いているので(笑)。とにかく、100人でも、200人でも来ていただければありがたいです。公演をしながら観客の皆さんの顔を見て嬉しさを感じるのと同じように、ファンの皆さんに会うときはいつも私のほうが感謝の気持ちでいっぱいになります。一緒に遊んだり、歌を歌ったりすることをありがたく思ってくださり、嬉しがってくれる姿を見ながら、公演と同じような感動を感じるんです」

―7月20日は『エリザベート』の公演中だと思いますが、ファンミでどのような姿を見せてくれる予定ですか? ミュージカルのナンバーも歌う予定ですか?
「たくさんミュージカルをやってきたので、これまで出演してきたミュージカルの主なナンバーをたくさん披露して、そこに、少し演技も加えながらやろうと考えています(笑)。そして、『不朽の名曲』などで歌った曲も直接歌いたいですね。番組をご覧になれなかったファンもたくさんいると思いますので、その時の歌を準備しています。今回はトークを多くするより、ミニコンサートのように歌を多く聴かせる予定です」

―日本に行くとしたいことは?
「日本に行ったら? いつも仕事だけして急いで帰らなければならないスケジュールで。最後に札幌に行って温泉に行ったのがもう3年ぐらい前かな。その時は撮影を兼ねて行ったんですが、家族と一緒に行って、あっちこっち旅行して本当に良い思い出になりました。チャンスがあれば東京近くの温泉に行って入りたいですね。もうこんな年なので、いろいろ見て回るより気楽に休むのが好きになりました(笑)」

―昨年末『ラ・カージュ』開幕当時のインタビューで今年中にやりたいことで、結婚をしたいと聞きました。2015年ももう半分近く過ぎました。今年は?
「あ、本当にどうすればいいでしょう?(笑)もう半分過ぎたんですね。実は、昨年は家で親があまり急かさなかったんです。結婚の話をしなかった。でも、今年に入ってから『もう~そろそろ結婚しないといけないんじゃない、今年は是非してほしい』というプレッシャーを私に与えてきて。心ではしたいんですけど、相手が現れないとできないじゃないですか(笑)。周りからは、私が選り好みしていると言われていますが、そうではないです。まず、この人だという人がまだ現れてないんだと思います。今年、もし、良い人に出会えたら、皆さんに良いお知らせとして伝えたいです。今まで大きいスキャンダルなく、静かに会ってきたので(笑)。公開恋愛はあまり好まないタイプなので静かに恋愛してきました。恋愛事情は残さなくてもいいものだと思うんです。結婚する時に明かしたほうがいいと思います。なので、今年は是非良いお知らせを伝えたいと、個人的にも願っています」

―最後に『エリザベート』、そして日本ファンミを待っているファンに一言。
「全体的に見ると『エリザベート』は今回3回目で、私は2回目になりますが、とにかく俳優全員で前作とはまた違う新しい何かを加えるために、今、一生懸命準備しているので、『エリザベート』を待っていたファンの皆さんにひとりでもたくさん見に来て欲しいです。ファンミも、私も久しぶりなので、心がときめくファンミになりそうです。ひとりひとりと直接顔を合わせて挨拶して、私の気持ちを温かく受け入れて欲しいですし、楽しみに来ていただければと思います」

イ・ジフン

イ・ジフン ファンミーティング「夏の思い出」 イベント概要

日時:2015年7月20日(月・祝日) 15:00開場/16:00開演
会場:品川インターシティホール(東京都港区港南2-15-4)
料金:全席指定10,800円(税込・全席指定)※入場時ドリンク代別途必要
主催:株式会社ザ・スピングラス
協力:株式会社A・R・A

チケット問合せ先:株式会社A・R・A E-mail:ticket@a-ara.co.jp
チケット:[A・R・A 先行受付]2015年5月14日より
[A・R・A 一般発売]6月1日より
http://www.a-ara.co.jp/event/180
[チケットぴあ先行抽選]5月16日(土)11:00~5月28日(木)11:00
[チケットぴあ一般発売]6月13日(土)10:00~
http://ticket.pia.jp/pia/event.do?eventCd=1522766
撮影場所協力:HONEYDEW LADY ソウル市江南区清潭洞97-22 地下1階 TEL02-511-2468

◆アメスタにてイ・ジフンプレミアム放送決定!!!
放送日  :2015年6月14日(日)
放送時間 :20:00~
詳しくは下記のホームーページにてご覧ください!
http://studio.ameba.jp/user/premiumBroadcast?cast_id=2918


この記事もよく読まれています!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!

ページ上部へ戻る
Translate »