カンヌ国際映画祭「ある視点」部門招待作チョン・ドヨン&キム・ナムギル出演『無頼漢(原題)』日本公開決定!

【無料お試しも▶▶】 韓国ドラマ動画配信サービス徹底比較ランキング!

現在開催中の第68回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門招待作であるチョン・ドヨン&キム・ナムギル出演『無頼漢(原題)』が10月に公開されることが決定した。

無頼漢1

同作の出演は『シークレット・サンシャイン』(08)で第60回カンヌ国際映画祭、韓国人初の主演女優賞を受賞し、『マルティニークからの祈り』(14)で身に覚えのない罪を着せられ、過酷な状況に追い込まれる主婦を熱演したチョン・ドヨン。彼女の『ハウスメイド』(11)は第63回カンヌ映画祭コンペ部門に出品され、2014年の第67回カンヌ映画祭では審査員を務め、いまや“カンヌの女王”と呼ばれる。彼女の出演作は高い評価とともに常に注目をあび、『無頼漢(原題)』でカンヌに3本目の出品となる。本作では、容疑者の恋人の帰りを辛抱強く待つ官能的な女性を演じている。

無頼漢2

チョン・ドヨンの相手役は、彼女と初共演になるキム・ナムギル。人気TVドラマ「赤と黒」、「サメ〜愛の黙示録〜」などに出演。5/22公開の話題作、海洋アクション・アドベンチャー『パイレーツ』で主演を務めている。本作『無頼漢(原題)』では、自らが追う事件の容疑者の恋人である女性(チョン・ドヨン)に惹かれてしまう刑事を演じている。

キム・ナムギル演じる刑事が追う容疑者には、人気ドラマ「大王四神記」で頭角を現わし、男らしい魅力で人気を誇るパク・ソンウン。『新しき世界』(14)で百想芸術大賞、大鐘賞などで助演男優賞にノミネートされ、その演技力が高く評価されている。韓国で3月に公開された『殺人依頼』でも、カリスマ性のある強烈な悪人を演じており、本作でナムギル演じる刑事との対決も見どころの一つである。その他の共演者に、ソ・ジソブ主演のドラマ「ファントム」で一気に知名度を上げ、ギャング・ムービー『悪いやつら』、『ベルリンファイル』などに出演したクァク・ドウォン。『タチャ〜神の手〜』では極悪ヤミ金業者を演じるなど、人当たりの良い顔立ちとは裏腹に幅広い役を演じる、韓国映画には欠かせない名優である。

監督・脚本はチンピラと刑事の思いがけない心の交流を描いた『キリマンジャロ』のオ・スンウク。他にも死期の近い男性の純愛を描いた『8月のクリスマス』でも脚本を務めた彼が、本作では刑事と情婦の愛を官能的に描いている。

音楽は、韓国映画音楽を語る際には欠かせない人物のチョ・ヨンウク。『群盗』、『ベルリンファイル』、『親切なクムジャさん』など日本でもヒットした韓国映画作品の音楽を手掛けている。

無頼漢3

「無頼漢」のあらすじ

〜情婦と刑事、許されない愛の行方〜
殺人課の捜査官チョン・ジェゴン(キム・ナムギル)はある殺人事件の容疑者を追っていた。容疑者の恋人であるカラオケバーのママ、キム・ヘギョン(チョン・ドヨン)の存在を知ったジェゴンは、身分を偽って店に潜入捜査をする。ヘギョンは辛抱強く恋人パク・ジュンギル(パク・ソンウン)が戻ってくるのを待っていたが、いつも自分の傍にいてくれるジェゴンに次第に心を開いていくのだった…。

『無頼漢(原題)』

監督・脚本:オ・スンウク
音楽:チョ・ヨンウク
出演:チョン・ドヨン、キム・ナムギル、クァク・ドウォン、パク・ソンウン        
©CJ E&M Corporation, 2015
原題:무뢰한
英題:The Shameless
公式HP:http://www.finefilms.co.jp/buraikan/

この記事もよく読まれています!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!

ページ上部へ戻る
Translate »