チョ・スンウ、インターネットコミュニティのファンと衝突!「ここを認めたくない…」

【無料お試しも▶▶】 韓国ドラマ動画配信サービス徹底比較ランキング!

チョ・スンウの写真俳優チョ・スンウが前例のないファンとの争いで注目を集めている。

事件の発端は、今月3日に行われたチョ・スンウのミュージカル「ジキルとハイド」の公演。インターネットコミュニティのファンによると、チョ・スンウは、自分の公演を見に来たファンに対して、そのコミュニティで活動する人々がいるか聞いた後、「それをなぜするのか?なぜ悪口を書くのか?してはいけない」と話した。ファンたちは、その映像を掲載し、チョン・スンウのファン差別論争が巻き起こった。

これに対して、チョ・スンウは4日、インターネットのファンコミュニティに自身の名前でコメントを残した。チョ・スンウは、「これまでここで僕の大切な人が悪口を言われ、傷つきました。だから、ここが嫌いでした。前マネージャー、前所属事務所、今の所属事務所、そして最初から共にいてくれた私のファンまで」と、そのコミュニティへの不満を表わした。

そして「耐え難いのは、ここでの二重の姿です。僕の前では、そうではないようなフリ、優しいフリをするが、最終的に、ここでは、匿名という仮面をかぶって、まったく別の人に急変する。いくら新しい文化とは言え、僕は悪口がひどいこの場所を認めたくない」と、該当のファンコミュニティの特性について批判した。

最終的にネット上で「ファン差別じゃないのか?」という論争が広がることになり、チョ・スンウは4日、手書きで文章を掲載した。チョ・スンウは、「光州(クァンジュ)公演の帰り道に傷つけるようなことをしたこと、申し訳ありません」とし、「『最初から応援してくれていたファン』というのは、無名時代から今まで変わらず応援してくれたファンコミュニティのことです。僕のことを好きでいてくれて、応援してくれる方法はファンコミュニティやギャラリーの他にもあると思います。もう一度僕のために傷ついたすべての方々にお詫び申し上げます」と謝罪の意を伝えた。しかし、「(そのコミュニティに対する)僕の心は変わらない」との立場を改めて明らかにした。

ファンの意見は、真っ二つに分かれている。「ファン文化を理解していない」、「不寛容だ」と批判する声もあれば、「ファンあってのスターだけど、スターに迷惑をかけるファンはファンじゃない」「理解できる」などといった反応もあり、ファン論争、ファンサイト論争へと発展している。


この記事もよく読まれています!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!

ページ上部へ戻る
Translate »