所属事務所と訴訟中のB.A.P、CJ E&Mの関係者とミーティング報道で注目集まるが…

【無料お試しも▶▶】 韓国ドラマ動画配信サービス徹底比較ランキング!

B.A.Pの写真所属事務所TSエンターテイメントと専属契約の無効訴訟を起こしているアイドルグループB.A.P(ビーエーピー)が最近CJ E&Mの関係者と会ってミーティングを行ったことが明らかになり関心を集めている。

12日午前、韓国の一部マスコミは、B.A.P(ビーエーピー)が最近CJ E&Mの音楽事業部の関係者とミーティングを持ち、専属契約について議論したと報じた。

訴訟中のTSエンターテイメントの関係者はマスコミに対し、「B.A.P(ビーエーピー)がCJ E&Mと接触したということを報道を通じて知った。確認後、立場を明らかにするようにしたい」と伝えた。

一方、B.A.P(ビーエーピー)と接触したことが報じられたCJ E&M音楽事業部の関係者は、「現在の事実を確認しているところ」とし、その後、「ミーティングの要請があり、最近ミーティングを行ったことは事実であるが、専属契約などについては考えていないことを明確にお伝えする」との立場を明らかにした。

B.A.P(ビーエーピー)のメンバーは、昨年11月に所属事務所TSエンターテイメントを相手に専属契約の無効確認と精算金返還請求訴訟を起こしている。現在、B.A.P(ビーエーピー)の身分は、TSエンターテイメント所属となっており、11月以降、双方の意見の相違を埋めることができないまま弁論期日を遅らせ、正式公判が行えていない状態だ。 そのためB.A.P(ビーエーピー)は、所属事務所と訴訟により、芸能活動は休止中だ。


この記事もよく読まれています!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!

ページ上部へ戻る
Translate »