「幽霊が見える」と嘘をついて兵役を逃れた歌手キム・ウジュに懲役1年の判決!

【無料お試しも▶▶】 韓国ドラマ動画配信サービス徹底比較ランキング!

キム・ウジュの写真精神病を患ったように見せ現役入隊を避けようとしたOld Time(オールドタイム)のメンバーで歌手のキム・ウジュ​​に実刑判決が下された。

28日、ソウル中央地方裁判所刑事19単独は、キム・ウジュに、「兵役の義務を忌避したり、減免を受ける目的で嘘をついた」とし、「懲役1年を言い渡した」ことを明らかにした。

判決によると、キム・ウジュ​​は、2004年の身体検査の結果現役入隊対象である判定を受けた。しかしその後、大学、大学院編入などで数年間、入隊を延期した。延期の理由が無くなるとキム・ウジュ​​は、その時から精神病患者のふりをして兵役免除を目的に治療を受け始めたという。

キム・ウジュは、2012年3月〜2014年5月にかけて精神科を42回も訪れ、「8年前から幽霊が見え始めた。幽霊に驚いて倒れ、救急治療室に行った」と述べたり、「不安で外出をしていない」と嘘の症状を訴え、担当医は、キム・ウジュに精神病の診断を出した。その後キム・ウジュ​​は、最終的に2014年10月に社会服務要員対象者の判定を受けた。

裁判所は、「兵役忌避行為が一過性ではなく、長期的に計画的に行われたことを見た時、罪質が良くない」とし、「『国防の義務』という憲法の要求と、兵役法の目的を考慮すると、厳しい処罰が要求される」と判決の理由について明らかにした。

一方、今回の実刑判決について、実際に判決が下されたキム・ウジュ​​と同姓同名のバラード歌手キム・ウジュが一部メディアにより報道され、非難を浴びるアクシデントが発生し、無実のキム・ウジュがとばっちりを浴び火消しに追われることになった。


この記事もよく読まれています!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!

ページ上部へ戻る
Translate »