アイドルグループZESTメンバー、性的暴行の疑いで訴えられる!所属事務所は「事実無根」と否定!

ZESTの写真 アイドルグループZEST(ゼスト)のメンバーが性的暴行の疑いで訴えられたことについて、ZEST(ゼスト)の所属事務所は「事実無根」反論した。

5日、ソウル・江南(カンナム)警察署によると、20代の女性Aさんが性的暴行を受けたとして、先月27日、ZEST(ゼスト)メンバーの一員であるBさんを警察に告訴した。

Aさんは昨年11月、知人との集まりで会ったBさんが自分を性的に暴行し、数日後に自宅に訪ねてきて再度、性的暴行しようとしたと主張したと報じられた。

これに対してZEST(ゼスト)の所属事務所は、「Aさんは、数ヶ月前から同じ内容をSNSなどに掲載して脅迫をしてきた。すでに所属事務所は、サイバー捜査隊に申告した状態にある」と女性の訴えは事実無根と反論した。

警察関係者は「告訴人の調査を終え、Bさんを呼んで事実関係を調査する方針だ」と明らかにした。

ニュースを見たネットユーザーは、「ZEST(ゼスト)のメンバーのニュース、本当なの?!」、「訴えられたのは誰だ?!」と、驚きの声を上げている。

ZEST(ゼスト)は、三一節(※三・一独立運動を記念する韓国の祝日)に「国旗の掲揚法」という動画を公開し、「礼儀が正しいアイドル」として韓国で話題を呼んでいた。

この記事も一緒にどうぞ!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!

ページ上部へ戻る
Translate »