ドラマ「優しくない女たち」視聴率、急上昇し水木ドラマ1位へ!!視聴率が上がった理由は・・・

「優しくない女たち」の写真KBSの水・木ドラマ「優しくない女たち」が視聴率上昇の勢いを見せ、水・木ドラマ視聴率1位に輝いた。

5日、視聴率調査会社ニールセン・コリアによると、今月4日に放送されたドラマ「優しくない女たち」は、視聴率11.8%(全国基準)を記録した。これは、過去の放送分(9.8%)より2.0%の視聴率アップだ。

これにより、これまで1位をキープしていたMBCドラマ「キルミーヒールミー」は、視聴率11.5%となり1位の座を奪われることとなった。

ドラマ「優しくない女たち」は、熱血家族3代の女性たちの、真の人生の意味を探していくドタバタ成長ストーリーを描く作品。女優キム・ヘジャ、ト・ジウォン、チェ・シラ、イ・ハナが出演している。

「優しくない女たち」の人気は、出演女優の確固たる安定した演技力と同時間帯のライバル作の主要素材である「多重人格」についていけない中高年層の視聴者を取り込んでいるためと推測されている。

「キルミーヒールミー」は、来週最終回を迎える予定となっている。一方、ヒョンビン、ハン・ジミン主演のSBSドラマ「ハイド・ジキル、私」の視聴率は、3.8%を記録した。


▼この記事もよく読まれています

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!





韓国ドラマVODランキング
ページ上部へ戻る
Translate »