キム・ジェジュン(JYJ)号泣「離れたくない!」ドラマ『トライアングル』ファンミーティング取材レポート!

3月24日(火)神奈川 横浜アリーナにてキム・ジェジュン(JYJ)主演映画ドラマ『トライアングル』のファンミーティングが開催された。

当日のオフィシャルレポートはこちら

3月31日に入隊を控えているジェジュンの日本での最後のイベントとなる会場は、緑色のペンライトで埋め尽くされていた。
両サイドのスクリーンに映像が流れた後、ステージ真ん中にスポットライトがあたり、主演のキム・ジェジュンとジェジュンの兄役イ・ボムス、相手役のペク・ジニが登場した。

トライアングルファンミ

割れんばかりの歓声とともに「お会いできて嬉しいです」とイ・ボムス。「こんにちは~ぺク・ジニです、お会いできて嬉しいです」とぺク・ジニ。 「どうも、お久しぶりですキム・ジェジュンです。久しぶりに会えて嬉しいです」ジェジュン。
挨拶が終わると、正面ステージから客席を1周できるステージへと移動し大歓声があがる。

最初のトークでは
Q.『トライアングル』ってどんなドラマ?
ボムス「このドラマは韓国でも愛していただきましたが、日本のファンの皆様からもたくさんの声援おくっていただいたことをとても有難く思っています。本当に僕たちにとってもいいドラマになりました」
ジニ「3人の生き別れた兄弟が、お互い探し兄弟愛を描いたもので、ロマンスもあって素敵なものです」
ジェジュン「終わってから時間が経っているのに、ずっと記憶残っているドラマです。ボムさんとは久しぶりに会って、もっとかっこよくなって。ぺク・ジニさんはかわいくなって なんかまた一緒に仕事が出来たらいいなと思います」

スクリーンに映像がながれ名シーンを見た後は
Q.思い出に残っている 印象に残ってるシーンはありますか?
ボムス「一番最初に歌ってるシーンが本当に第一話のシーンで、とても記憶に残っています。 ジェジュンが演じるホ・ヨンダルが騒ぎを起こし、それが実の弟と分かり、病院で再開するシーンが記憶に残っています」

Q.ジェジュンさんは、パンツ1枚で街中を走っていらっしゃいましたが…。
ジェジュン「パンツ1枚じゃなくてもう1枚はいていましたよ」に会場からも笑いがでていた「まぁプールだと思って。でも恥ずかしかったですね。ジニさんとは初対面の時にあのシーンをパンツ1枚で(あ、どうも)って(笑)挨拶しました。さすがに恥ずかしくなりました」
ジニ「赤いパンツを履いていた姿が忘れられません」(笑)

ジェジュン

Q.他にも印象に残るシーンはありますか?
ジニ「思い出の多いドラマかなと思います。春のシーンもあったり、キスシーンもあって徹夜続きでしたが、二人とも恥ずかしながら撮ったことを覚えています」
ジェジュン「やっぱり恥ずかしいですね」

Q.ぺク・ジニさんは三兄弟の中で付き合うとしたら誰がいいですか?
ジニ「言わないとダメですか?」
ーどの人も無理ですか?
ジニ「ちょっとね…劇中でスィートルームに暮らしてるヤンハを選びますかね」(笑)
ボムス「もともと恋というものは、あっちいったりこっちいったりするものですから」(笑)

ペク・ジニ

Q.三人のキャラクターを絵で表現してみてください。
それぞれに用意された紙に絵をかき始める三人
個性溢れる絵が描かれていた。抽選にて描いたものをファンにプレゼントし、再び次のコーナーをするために反対側へ移動。移動するたびに歓声があがっていた。

次は裏話をゲーム形式で答えるというもの。
そこには『キム・ジェジュン』『ぺク・ジニ』『イ・ボムス』の名前が書いてある札があり、当てはまる人の札をあげた。

Q.NGが多かったのはだれ?
満場一致ということでキム・ジェジュン。その理由として、
ボムス「ジェジュンさんの難しい役柄を監督の注文する細かいところまでこだわってあれこれ指示が出て、決してジェジュンさんが演技が出来ないということではなくて、少しでもベストな演技を引き出そうと注文していました」
ジニ「現場の空気がダウンするとわざとジェジュンさんがNGを出して現場の雰囲気を盛り上げてくれました。徹夜続きで現場のムードを盛り上げるためにNGを出していました」
ジェジュン「僕のこと、いいふうに言ってくださってありがとうございます。今回すごく撮影が大変で覚えるセルフが長くて、初めてそういう経験をしたのですごく緊張して大変でした」

Q.遅刻が一番多かったのは誰?
ボムスはキム・ジェジュンの札をあげていたが ジェジュンとジニは悩みながら書いていない札をあげていた。
ボムス「撮影スケジュールがハードで眠れない日々が続いて、その中でもジェジュンさんは特に撮影量が多かったのでちょっとシャワーしてきます。着替えに帰ってきますと、ちゃんと許可をとって遅れていました」とフォロー。「私たちはジェジュンさんが遅刻するとすごく嬉しかったんです。みんな前日とかにもらうセリフを覚える時間があったからです」

Q.酒癖が悪いのは?
ジェジュンは『キム・ジェジュン』と『ぺク・ジニ』、ジニは『キム・ジェジュン』、ボムスは『キム・ジェジュン』と『イ・ボムス』の札をあげていた。

イ・ボムス

ジニ「ジェジュンさんは酒癖が悪いというよりお酒を飲むと愛嬌たっぷりになります。」

ボムス「すごく忙しい撮影でしたが、ちょっと時間ができたらチームで一緒に会食をしました。ジニさんが言っていたように、ジェジュンさんはお酒を飲むと愉快になってよく笑って たくさん話をしてくれます。(ハハハと笑い声を真似ると会場は大爆笑であった)でも、僕は正反対で、口数も少なくて動きもなくなって、仏像のようにどっしりしています。だから僕たちが同じお酒の席にいると、別々に遊んでいるように見えます」

ジェジュン「僕はやっぱりちょっとね…一人で居るときは泣く時もあるけど、みんなと居るときは楽しい時間を過ごしたいじゃないですか。ジニちゃんもお酒を飲むと話が多くなって 愛嬌があります」

一番名前があがったジェジュンが3つの選択からゴムぱっちんの罰ゲームをすることになった。

トークコーナーの後は、イ・ボムスとぺク・ジニはステージをあとにしてジェジュンのliveへ。
徳永英明の楽曲「僕のそばに」を熱唱し、続いて中島みゆきの楽曲「化粧」をしっとりと心こめて歌い上げていた。

名場面が流れた後は再び登場しゲーム「トライアングルは爆発だ~!!」のゲームへ。
どんどん膨らむ巨大風船を持ちながら順番に答えていくというもの。
最初のお題は「トライアングルに出てくる役名は?」「日本の美味しい食べ物は?」ではジェジュン答えられず。
次のお題「ペク・ジニがとっても魅力的な理由」では、ジニはお休みで、ボムスとジェジュン二人で対決するもまたもやジェジュンが答えられず風船が割れた。
「こういう時に本当に思ってることが出るんじゃないの?」とジニが答えると会場から笑いが…。
大盛り上がりの後、各コーナーにセッティングされてる抽選BOXから、ドラマにまつわる物品を出演者がサインをしたものを抽選でプレゼント。抽選会が終わったあとメインステージに戻りそれぞれに感想を述べた。

ボムス「今日は貴重な時間を割いてここにいらしていただいてありがとうございます。今日の思い出が私の胸の中に、皆さんの胸の中に永遠に留まることだろうと思います。皆さん 愛しています。」

ジニ「横浜に初めてきました。こうやって沢山の皆さんといい時間を過ごして、いい思い出を作ることができて本当にありがとうございました。」

ジェジュン「はぁ…」と、大きく息を吐いた後「行く前の最後のイベントだからね、だから『トライアングル』のイベントにすごく感謝しています。日本のファンに会えないと思っていましたけど、こうやってご挨拶も出来て感謝しています。このイベントでイ・ボムスさんとペク・ジニさんにも感謝しています。イベント意外に短いですね。行ってる(軍隊)時間も短いと思うので、その間『トライアングル』見たり、応援してください」

「今後の予定があれば…」の問いに

ボムス「僕は来月から中国の撮影に入ります。スクリーンで皆さんにお会いできることを楽しみにしています」

ジニ「私は3月14日から『傲慢と偏見』という作品に参加していて日本でも放送中ということなので、みなさん、こちらのほうもよろしくお願いします」

ジェジュン「『スパイ』というドラマが日本で放送されるようになりました。そして しばらく行ってきます。坊主にしてかっこよく行ってきます。」

大拍手でMCとイ・ボムスとペク・ジニはステージをあとにした。ジェジュンはファンとの時間を惜しみながら最後のステージを迎えた。「今の僕の気分です。嫌でもやるしかねぇ」良かったです、今日会えて。『スパイ』の撮影が終わって1日しか休みがなかったんですけど、休みをもらったって感じです。(会場からは大きな拍手が沸いた)皆さんから沢山元気をもらって韓国に帰りたいと思います」と述べた後、『トライアングル』OSTより「嫌でも」を披露した。

ラスト曲の前では「ドラマが終わって6日間は色んな撮影をやりつつ、旅行をしていたんですね。作詞したり作曲して僕が軍隊に行ったら、そのあとは。ジュンス、ユチョンも軍隊に行くじゃないですか。そうすると、僕はジュンスと約3年ぐらい会えないので、その間に、みんなに3人の声を聞かせないと。と思って、6日間で16曲くらい録音したので、最近は喉がボロボロなんです。また28日と29日(今月)には韓国ライブがあるので、調子的にはちょっと大変だけど、嬉しいですね。仕事をしながら休みたいなと思うこともあるけれど、あちら(軍隊)に行っているので、みんなに僕を思い出させるような物とか音とか、ちょっといないけど、僕の作った何かで僕を思い出してほしいです。僕がいない間、本物じゃないけど本物じゃないジェジュンと出会う機会は沢山あると思います。僕が1か月間休むことなく頑張って作ったものを見て、聴いて楽しんでほしいと思います」と語ったあと、『ボスを守れ』OSTより、『守ってあげる』を熱唱した。

歌い終わると同時に会場は暗くなり、ステージ横のスクリーンには全国からのファンのメッセージが映し出され、事前に練習してあったウエーブが緑のペンライトとともに会場いっぱいに広がり、ジェジュンは目頭を押さえた。更にウエーブが終わると会場全員で「行ってらっしゃいジェジュン!ずっと待ってるよ~!」のかけ声にライトアップされたジェジュンには涙があふれ号泣する姿があった。「ジェジュン~~」と呼ぶかけ声が鳴り止まない中、言葉を詰まらせながら「なんでこんなことするの!こんなことするな!」(笑)泣いたら次の夜公演で歌ができない・・ありがとうございました。行きたくないけど、行くしかないけど、また会えるけど…」と、言いながらまた声が詰まり「今まで一生懸命走ってきたから休みと思って軽い気持ちで行こう(軍隊)と行こうとしてたけど、離れたくない!戻ってくるけどね、離れたくない!(涙があふれている)だって、やっとみんなと会えるようになったのに…行って帰ってきたらもう30代じゃん~20代にもっと会いたかった!!」と、笑いをとりながらも涙をこらえ「なんで30代なんだよ…30代でもめちゃくちゃ自己管理に気を付けて20代に負けないくらい若々しくなって、またご挨拶しますね。今日はありがとうございました」と頭を下げ「バイバイ~」と手を振りながら最後のステージを降りた。

トライアングル

ジェジュンのお花

ジェジュンお花3

ジェジュンお花4

ジェジュンお花2

『トライアングル』ファンミーティング セットリスト

2015年3月24日(火)@横浜アリーナ (昼公演)

1.僕のそばに/キム・ジェジュン(徳永英明楽曲)
2.化粧/キム・ジェジュン(中島みゆき楽曲)
3.嫌でも/キム・ジェジュン「トライアングル」OST
4.守ってあげる/キム・ジェジュン「ボスを守れ」OST

■「トライアングル」

【セル】
BOX1:4 月2 日(木)発売/BOX2:5 月1 日(金)発売
価格:Blu-ray/DVD 各18,000 円+税 /発売・販売元:エスピーオー
【レンタル】
Vol.1~9   4月2日(木)DVDレンタル開始
Vol.10~17   5月2日(土)DVDレンタル開始
発売・販売:ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
セル&レンタル公式サイト:http://www.cinemart.co.jp/triangle
【メイキング】
TRIANGLE MAKING FILM Special DVD「喜怒哀楽」上巻&下巻:3 月20 日(金)発売
価格:各8,250 円+税 / 発売・販売元:ラインメディア
メイキング公式サイト:http://drama-triangle.jp/triangle
(C)MBC2014


この記事も一緒にどうぞ!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!

ページ上部へ戻る
Translate »