「アブノーマル会談」ムン・ヒジュン、H.O.T時代の仰天エピソードが話題に!

「アブノーマル会談」ムン・ヒジュンの写真 元アイドルグループH.O.T(エイチオーティー)のメンバー、ムン・ヒジュンが、H.O.T(エイチオーティー)時代の秘話を公開し話題になった。

今月2日に韓国で放送されたケーブル放送JTBCの「アブノーマル会談」に出演したムン・ヒジュンは、「流行」をテーマにトークを展開する中、「H.O.T(エイチオーティー)時代、メンバーのDNAを複製して作ったネックレスを売った」と過去の仰天エピソードを語った。

ムン・ヒジュンは、「髪の毛12本くらいと綿棒で口の中の細胞を採取してネックレスを作った。ネックレスを見ると、水滴のようなものがあるのだが、そこにDNAがあった」と説明して驚かせた。

番組を見たネットユーザーは、「そんなネックレスがあったの?!」、「ファンは欲しいのかなぁ、やっぱり??」、「今ではいい思い出だね・・・」などといった反応を見せた。

JTBCの「アブノーマル会談」は、毎週月曜日の夜11時に韓国で放送されている。


この記事も一緒にどうぞ!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!

ページ上部へ戻る
Translate »