F.CUZ(フォーカズ)デビュー5周年ライブでファンに感謝の手紙を朗読 オフィシャルレポート

韓国出身の5人組みボーイズグループ、F.CUZ(フォーカズ)が、3月15日、東京・Zepp DiverCity TOKYOでデビュー5周年記念ライブを行った。

fcuz_1

2010年の韓国デビューから5年ということで、彼らの歴史を網羅するセットリストで構成されたライブでは、韓国デビュー曲「Jiggy」はアコースティックに、日本1stシングル「Last Forever」はアカペラにアレンジ。また、カンとイェジュンが作った「Lost in Love」をライブ初披露、カンが作詞作曲を手掛けた「again…」を椅子を使った新たな振付で披露するなど幅広い音楽性も発揮し、日韓の曲を織り交ぜ全17曲を全力で歌った。

KAN/カン

YEJUN/イェジュン

ホワイトデー翌日ということもあり、ブリッジ映像では“ホワイトデーに遅刻して、すねている恋人にサプライズプレゼント”というシチュエーションドラマを披露。恋人役の女優とスキンシップをとるたびにファンから悲鳴があがったが、画面に演技に対する手厳しいコメントが映し出されると爆笑を誘う一幕も。また、「ファンのみなさんとひとつになれる掛け声があるとうれしい」というリーダー、ジノンの提案で、「僕たちはF.CUZです」とF.CUZがいうと、ファンが「私たちはF.orU(フォーユー=ファンクラブ名)です」と答える挨拶が完成し、ファンとの絆を深めた。

DAEGEON

JINON

RAEHYUN

「去年は韓国活動も再開し、オリコンで最高位を獲得できた意義のある年でした。感謝の気持ちを伝えたくて手紙を書きました」というジノンは、「今日という日を始まりに、2015年も一緒に歩いていけたらうれしい。サラハムニダ(愛しています)」と日本語の手紙を朗読。ライブタイトルである『GRATEFUL LETTER』で、メンバーひとり一人がずっと支えてくれているファンに心からの感謝を伝えた。

F.CUZはその親しみやすい癒しキャラで、フンナムドル(包容力のある癒し系の男という新造語=フンナム+アイドル)と呼ばれているグループ。昨年末にリリースしたシングル『もう一度だけ~Remind~』がオリコン・デイリー3位を獲得し、デビュー5周年を迎える今年、さらなる飛躍が期待されている。

fcuz_2

F.CUZ(フォーカズ)デビュー5周年ライブ セットリスト

クリスピー・クリーム・ドーナツ Presents
F.CUZ 2015 Zepp LIVE in TOKYO “GRATEFUL LETTER”
2015.3.15 (SUN) @ Zepp DiverCity TOKYO

M1. CHA-GA-WA
M2. No.1
M3. Midnight Sun
M4. Because of you(Remix Ver.)
M5. Lost in Love
M6. again…
M7. Take a Call
M8. Teaful Heart
M9. もう一度だけ~Remind~
M10. Ring My Bell
M11. Jiggy a acoustic Ver
M12. Last Forever a cappella Ver.
M13. ONE LOVE
M14. Change
M15. LUV HOLIC
En1. Never Let You Go Intro Ver.
En2. 大丈夫(괜찮아)


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!





韓国ドラマVODランキング
ページ上部へ戻る
Translate »