ソ・イングク 映画『君に泳げ!』のベストシーンを再現!Japan Best Album『Last Song』予約会イベント 取材レポ―ト!

【無料お試しも▶▶】 韓国ドラマ動画配信サービス徹底比較ランキング!

2月25日(水)リリースのソ・イングクのJapan Best Album『Last Song』のCD予約イベントが、2月21日(土)お台場・VENUSFORT 2F教会広場にて開催された。タイトル曲の『Last Song』は、2月28日(土)から日本で公開される初主演映画『君に泳げ!』のイメージソングとなっており、イベントではファンの前で映画のベストシーンの再現や、握手会などが行われた。

イングク会場雰囲気

まずは、映画『君に泳げ!』の予告編VTRが流れ、ソ・イングクがファンの前に登場すると会場は大歓声に包まれた。2月25日発売のベストアルバムから『遠ざかる(韓国語Ver.)』と『呼ぶよ』を伸びやかな歌声で披露し、トークコーナーへ。

イングク2

イングク歌

―今回のジャパンベストアルバム『Last Song』は、ご自身にとって、どんな一枚でしょうか?
ソ・イングク:今回のアルバムは、僕にとって、非常に大きな意味を持っているアルバムです。僕にとって初めてのベストアルバムであり、僕がプロデュースした曲が、初めてタイトル曲になりました。そして、僕が初主演映画のイメージソングとしても使われています。もう一度初心に戻らされるような、初心を考えさせるような、僕にとって非常に意味のあるアルバムです。

―今回、自分で作詞作曲した楽曲も収録されていますが、曲を作る時にどんな場所、どんな時に作りますか?
ソ・イングク:特にどこでというのはないです。ふと、インスピレーションが浮かんだ時に作業を行います。

イングク3

―今回のアルバムタイトル曲の『Last Song』は、どんな思いを込めて作った曲ですか?
ソ・イングク:作業をしている際に『Last Song』というタイトルの曲を作りたいなと思ったんです。『Last Song』と言うと、なんとなくイメージ的に雄大な感じがして、誰かのために歌ってあげたい、本当に真心を込めて最後と思うような曲を作りたいという思いで書きました。

ここで『Last Song』は、映画『君に泳げ!』日本版のイメージソングとして、映画公開とアルバムのリリースを記念して、韓国サイトKstyleさんとのコラボレーションで「あなたが選ぶソ・イングクのベストショット」募集企画が行われ、映画の出演シーンのベストショットからファン投票で1位に選ばれたシーンを発表。

見事1位に選ばれたシーンは、寝癖がついてるが、なぜか爽やかな寝起きに、共演のイ・ジョンソクに水を飲ませてもらうシーンが選ばれ、ここで実際に再現してもらうことに!(笑)

イングク4

イングク5

「なんでそれをやらなきゃいけないんですか?」(笑)と言いながら、「OK!」とやることに。
MCを相手にシーンを再現、会場は大きな笑い和やかな雰囲気に包まれた。

―これから『Last Song』を皆さんの前で初めて歌いますが、2月25日(水)にJapan Best Album『Last Song』が発売します。そして2月28日(土)から映画の『君に泳げ!』が公開されますので、最後にファンの方にひとことお願いします。

ソ・イングク:この度、僕はベストアルバムをリリースすることになったのですが、これもひとえに皆さんのおかげだと思っています。本当に感謝しております。今回のベストアルバムのなかで、僕のプロデュースした曲の中に『Light of my Life』と言う曲があるのですが、これは、僕自身がファンの皆さんに捧げるプレゼントとして書きました。個人的には、このベストアルバムの中で、僕が一番大好きな曲でもあります。なぜかと言うと僕が作った曲だからという意味もあるのですが、とにかく皆さんのことを思いながら歌詞を書きました。そういった特別な曲ですので、どうぞ沢山の愛情をお願いします。そしてこのベストアルバムにも沢山の愛情をよろしくお願いいたします。

最後に、ベストアルバムのタイトル曲でもあり、初主演映画の『君に泳げ!』イメージソングの『Last Song』を初披露した。

イングク歌2

ソ・イングク

続いてマスコミ向けの囲み取材が行われた。

―本日「Last Song」を初歌唱しましたが、感想をお願いします。
ソ・イングク:とても緊張したのですが、多くのファンの皆さんがこの曲を知っていたので、凄く嬉しかったですし、驚きました。

―初めてのベストアルバムをどんな風に聞いてほしいですか?
ソ・イングク:このアルバムに意味を与えたりするのであれば、タイトルが『Last Song』ですから、何かの後悔が残ってしまったといった歌なんです。後悔が残らないように、最後まで希望を持って欲しいといった思いが込められています。メロディー自体が非常に感性的なメロディーに仕上がっていますので、センチメンタルな気分に浸りたいなとか、気持ちが落ち込んでいるとか、雨が降っている日などに聞いていただければいいのではないかなと思います。

―初めての主演映画『君に泳げ!』が、日本で公開となりますが、映画の見どころを教えてください。
ソ・イングク:『君に泳げ!』という映画は、非常に多くのメッセージが込められている映画です。ウォニルというキャラクターを見ることによって、心の中に背負っている傷をどのように克服していくのか、自分自身と戦う勇気というものをどうすれば得ることが出来るのか、そういったことを考えていただきたいと思います。この映画を見ることによって自分自身と戦う勇気を得てほしいと思います。また、この映画を見ることによって、皆さんが忘れてしまっていた青春をもう一度思い出すことが出来る映画です。

―来週いよいよ、ベストアルバムと映画が公開になりますが、あらためて今の気持ちを教えてください。
ソ・イングク:僕としては不思議な気持ちです。思いもよらず同じようなタイミングで、ベストアルバムと『君に泳げ!』という映画が公開されるようになり、非常に嬉しく思っています。多くの方たちに愛情をいただきたいと思います。僕にとって初めての映画で、初めて日本で公開される映画です。そして、初めて僕がプロデュースした曲が沢山含まれているアルバムでありますので、僕のファンだけではなく、多くの方々に沢山の愛情をいただけたらと思います。

ソ・イングク2

―ベストアルバムなので全てがベストだと思いますが、その中でも聞いてほしい曲はありますか?
ソ・イングク:もちろん『Last Song』だと思います。この曲は多くの皆さんに聞いていただきたいと思いますし、多くの強いメッセージが込められた歌でもあります。そしてもう一つ聞いていただきたいのは『Light of my Life』ですが、これはファンの皆さんのために書いた曲です。この曲も沢山聞いてほしいです。僕が個人的な歌は『Light of my Life』です。

―ドラマ『王の顔』を終えられたばかりですが、感想と苦労した点はありますか?
ソ・イングク:ドラマは本当に苦労しました。寒かったですし、とても大変でした。韓国での時代劇は本当に辛い思いをしながらの撮影で、無事に終えることが出来て、そしてファンの皆さんとこのような場を設けることが出来て、辛かっただけに自分自身が癒されています。

―ドラマのタイトルは『王の顔』ですが、自分は「何の顔」だと思いますか?
ソ・イングク:非常に難しく、恥ずかしい質問です(笑)のぞみ、セクシー。自分の望みがセクシーです。恥ずかしい~(笑)

―映画での食べっぷりが凄かったですが、その感想と、映画で作った身体は現在はどうなってますか?
ソ・イングク:あの食べっぷりのシーンのおかげで、体が全部壊れてしまいました。周りの人たちは、あのシーンを撮影するのは大変だっただろうと言われましたが、僕自身は凄く楽しく撮影することが出来たんです。なぜかというと、僕自身食べるのが大好きだからなんです。今日も仕事が全部終わったら、また美味しいものを食べにいかないと!(お酒は?)もちろんです(笑)

ソ・イングク3

―最後に日本のファンへメッセージをお願いします。
ソ・イングク:僕がこのようにベストアルバムをリリースすることができ、また僕の映画が日本で公開されるのは、ファンの皆さんのおかげだと思っています。非常にありがたいと思っています。これからはもっともっと素晴らしい音楽、素晴らしい作品で皆さんを楽しくして差し上げたいと思いますし、皆さんと一緒に素敵な思い出を作っていきたいと思います。

イングクファンと一緒に

この後、ファンと一緒に記念撮影と、アルバム予約者との握手会が行われ、ファン一人一人と直接触れ合った。

ソ・イングク Best Album「Last Song」発売記念イベント

<2月28日(土)関西地区>

時間:13:00~
会場:千里セルシー1Fセルシー広場
内容:ミニライブ&握手会&2ショットチェキ撮影会+抽選特典ハグ

<3月1日(日)関東地区>

時間:14:00〜
会場:VENUSFORT2F 教会広場
内容:ミニライブ&握手会&2ショットチェキ撮影会+抽選特典ハグ

映画『君に泳げ!』

ⓒ SPC All Rights Reserved.
■配給:NBCユニバーサル・エンターテイメント/配給協力:アルシネテラン
■公開:2月28日(土)、シネマート新宿ほか全国ロードショー
/


この記事もよく読まれています!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!

ページ上部へ戻る
Translate »