ユンホ(東方神起)本格スクリーンデビュー!ファン・ジョンミン主演「国際市場で逢いまし​ょう」5月16日に日本公開へ!

【無料お試しも▶▶】 韓国ドラマ動画配信サービス徹底比較ランキング!

国際市場

ファン・ジョンミン主演&東方神起ユンホ本格スクリーンデビュー

『国際市場で逢いましょう』
邦題&5月16日(土)公開初日決定!

激動の韓国を、ただ家族のために必死に生き抜き、いつも笑っていた父の姿…
朝鮮戦争から現代まで、一人の男の波乱に満ちた生涯を描いた一大叙事詩。

韓国で昨年12月17日より公開され、観客動員1,320万人を超え、韓国映画史上歴代2位の大ヒットを記録※し、更に成績を伸ばしている『国際市場(原題)』の邦題が、『国際市場で逢いましょう』 に決定し、5月16日(土)より ヒューマントラストシネマ有楽町、シネマート新宿ほかで公開される運びとなった。
(※観客動員数および歴代成績は、2月12日時点)

“貧しくつらかったあの時代。自分ではなく家族のために生涯を生きてきた父を見ながらいつも申し訳ない気持ちでいっぱいだった。祖父、祖母、そして父、母への世代の全ての人に感謝の気持ちを贈りたい”。1,132万人の観客を動員した『TSUNAMI-ツナミ-』で韓国国民を感動で包み込んだユン・ジェギュン監督が、今度は家族への愛情あふれる物語を描き出した。

国際市場場面写真5

本作は、釜山の“国際市場”を重要な舞台の背景に、朝鮮戦争の興南撤収作戦、西ドイツ派遣、そしてベトナム戦争など激動の歴史を通して、家族のために生きた一人の男の生涯を描いた大河ドラマだ。戦後の復興で貧しいながらも一生懸命生きる人々の姿や、喧嘩しながらも仲の良い家族団らんの風景など日本人にも昔懐かしく、共感できる。そして、朝鮮戦争で離散した家族を探す場面では、日本の中国残留孤児の問題とも重なり涙を誘う。

国際市場場面写真1
主人公ドクス役を演じるのは、『ユア・マイ・サンシャイン』『新しき世界』などで演技派として高い評価を得ているファン・ジョンミン。青年時代から老齢まで、時代に翻弄されながらも、愛する家族を守るため愚直なほど懸命に生きる男を見事に演じている。 また、ドラマ「LOST」などハリウッドでも活躍する女優キム・ユンジンがドクスの妻ヨンジャ役を演じるほか、オ・ダルス、チョン・ジニョン、チャン・ヨンナムなど実力派俳優が脇を固め、最強のアンサンブルを見せている。

国際市場場面写真4
そして、本作で東方神起のユンホが本格的にスクリーンデビューを果たし話題を呼んでいる。ユンホはベトナム戦争に参加した実在する有名な歌手ナム・ジン役を演じ、迷彩服に身を包み今までにない役柄に挑戦。
監督も、ユンホに対して「会ってみて人間として素晴らしい人で、役に対する情熱に溢れていた」と絶賛している。激しい銃撃戦に加え、鼻歌も披露するなどユンホの見所も満載で、ファンも必見の映画になっている。
なお、本作は3月5日から開催される、第10回大阪アジアン映画祭のクロージング作品に決定し、3月15日(日)大阪・ABCホールにてジャパンプレミア上映を予定している。
懐かしい風景の中、懸命に家族のために生きた平凡な父親。その周りには温かい家族の笑顔があった―。
私たちが忘れかけている絆を思い起こさせ、優しい感動を心に吹き込んでくれるだろう。

国際市場場面写真2

国際市場場面写真3

「国際市場で逢いましょう」あらすじ

幼い頃、朝鮮戦争時の興南撤収作戦による混乱の中、父、そして末の妹と離れ離れになり、母と残された2人の兄妹と共に避難民として釜山で育ったドクス。成長したドクスは父親の代わりに家計を支えるため、西ドイツの炭鉱へ出稼ぎや、ベトナム戦争で民間技術者として働くなど、幾度となく生死の瀬戸際に立たされる。しかし、彼は家族のためにいつも笑顔で必死に激動の時代を生きていく―

「国際市場で逢いましょう」キャスト&スタッフ

監督:ユン・ジェギュン『TSUNAMI-ツナミ-』
出演:
ファン・ジョンミン『新しき世界』
キム・ユンジン『ハーモニー 心をつなぐ歌』
オ・ダルス『7番房の奇跡』
チョン・ジニョン『王の男』
チャン・ヨンナム『チング2 永遠の絆』
ラ・ミラン『ソウォン/願い』
キム・スルギ『怪しい彼女』
ユンホ(東方神起)

【2014年/韓国/127分】
(c)2014 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved.
★公式サイト:kokusaiichiba.jp (2月中旬オープン予定)
★公式ツイッター @kokusai_ichiba
配給:CJ Entertainment Japan


この記事もよく読まれています!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!

ページ上部へ戻る
Translate »