新ドラマ「傲慢と偏見」、イ・テファン& チェ・ウシク&チョン・ヘソン共演へ!

ドラマ「傲慢と偏見」の写真 俳優イ・テファン、 チェ・ウシク、チョン・ヘソンが新ドラマ「傲慢と偏見」で共演する。

イ・テファン、 チェ・ウシク、チョン・ヘソンは、10月から放送がスタートするMBCの新月・火ドラマ「傲慢と偏見」で、それぞれカン・ス、イ・ジャンウォン、ユ・グァンミ役を演じる。

3人は、4大悪を取り締まるというとても大きなモットーを掲げながら、実はさまざまな事件・事故で危機を迎えた検察の広報のために急きょ招集された、民生安定のチームに勤務する。チェ・ジンヒョク、ペク・ジンヒ、チェ・ミンスは、それぞれがストーリー全体に渡って重要な役割を担って活躍する予定だ。

「高校世渡り王」でソ・イングクの友人として目立った存在だったイ・テファンは、元テコンドー選手の新米検事で、心温かい真面目な青年カン・ス役を演じる。主席検事ク・ドンチ(チェ・ジニョク)とシェアハウスで生活しながら、検事と捜査官という関係を超えて長年親密な関係を気付いてきた親友でもある。何事もただにっと笑って、捜査の時を除いてほとんど話さないイケメンスンドンだが、重要な時には度胸あるストレートな発言もする魅力溢れるキャラクターだ。

チェ・ウシクが演じるイ・ジャンウォンは、江南の金持ちの息子として生まれ、外国語高校、ソウル大、司法研修院、軍法務官にというエリートコースを歩んでおり、母親が言う学校を、教授が言う司法研修院を通い、今は、上司が言うままに仕事をしている典型的なマニュアル人間だ。

現在ドラマ「気持ち良い日」ですべてを兼ね備えるお金持ちの一人娘、イ・ソイ役を演じているチョン・ヘソンは、顔、体型も能力もある5年目の「完璧イケメン捜査官」ユ・グァンミを演じる。

MBCとドラマ制作会社は、「ドラマの配役にぴったりのイメージの俳優をキャスティングするため、苦労を重ねた。それぞれが与えられた役と一体化したパーフェクトな演技をする為に、シナリオ分析に一生懸命努力している。期待してほしいほしい」と伝えている。

新ドラマ「傲慢と偏見」は、検察庁を舞台に、法曹人の野望と闇を描いたストーリー。チェ・ミンス、チェ・ジニョク、ソン・チャンミン、ペク・ジニなどが出演する。


この記事もよく読まれています!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!

ページ上部へ戻る
Translate »