f(x)ビクトリア、亡くなったSMイ・スマン代表夫人に哀悼の意示す!

【無料お試しも▶▶】 韓国ドラマ動画配信サービス徹底比較ランキング!

f(x)ヴィクトリアの写真f(x)(エフエックス)のビクトリアがイ・スマン代表夫人への哀悼メッセージを伝えた。

今月5日、SMエンターテイメントのイ・スマン代表の妻が持病で亡くなっていたというニュースが伝えられる中、f(x)(エフエックス)のメンバー、ビクトリアが、哀悼の意を表した。

ビクトリアは、自身のInstagramを通して、「イ・スマン先生の奥さんの死去に深い悲しみを感じます。しかし、私たちが、いつも先生と一緒にいます。先生は、私たちの柱であり、父のような方です。私達が公演をうまくして帰りますから、元気を出してください」とコメントした。

SMエンターテイメントは、「イ・スマン代表の夫人キム・ウンジンさんの小腸癌が最初に見つかったのは、2012年12月で、2013年1月に大手術を受けた後、抗がん剤治療などを続けてきた。最終的に癌が再発し、2年間の闘病生活の末、2014年9月30日に亡くなった」とし、「故人と家族の意向により、外部に伝えることなく、家族葬が静か取り行われ、10月2日に出棺を終えた」と伝えた。


この記事もよく読まれています!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!

ページ上部へ戻る
Translate »