チョン・ドヨン、コ・ス主演韓国映画「マルティニークからの祈り」TOHOシネマズ シャンテほかにて公開中

マルティニークからの祈り
言葉も分からない異国の地で突然、身に覚えのない麻薬容疑で捕まった平凡な主婦。絶望の中、家族のもとへ帰るため激闘の765日間を描いた『マルティニークからの祈り』が8月29日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほかにて公開中だ。

実話もので社会性の強いテーマだったため、中高年層の女性、夫婦といった観客が目立った。観客の感想も素晴らしく「涙でTシャツが濡れてしまった」「チョン・ドヨンの熱演に圧倒された」「抑えきれない怒りを覚えたが、それ以上に感動した」など、主人公の境遇に共感し、彼女の家族への思いに多くの観客が涙する姿が見られた。また、ぴあ初日満足度ランキングでも満足度91.8%を獲得、『グレート デイズ!-夢に挑んだ父と子-』などを押さえて1位に輝いた。

本作は、凄惨な幼児虐待の現場を描き、韓国のみならず全世界を戦慄させた『トガニ 幼き瞳の告発』に続く、衝撃の実話の映画化として物議を呼んだ作品。2006年、韓国で放送されたドキュメンタリー番組「追跡60分」で紹介された1人の女性を、『シークレット・サンシャイン』で第60回カンヌ国際映画祭主演女優賞に輝いたチョン・ドヨンが熱演し話題を呼んでいる。

■映画『マルティニークの祈り』予告編

監督: パン・ウンジン『オーロラ姫』、『容疑者X天才数学者のアリバイ』
出演:チョン・ドヨン『シークレット・サンシャイン』、コ・ス『高地戦』
カン・ジウ『怪しい家政婦』
2013年/韓国映画/131分/カラー /シネスコ/5.1chサラウンド
©2014 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved


    この記事もよく読まれています!

    ページ上部へ戻る
    Translate »