チャン・ドンゴン主演映画『泣く男』二階堂ふみ​、ピーコ他ツウな著名人のコメント寄せられる!

【無料お試しも▶▶】 韓国ドラマ動画配信サービス徹底比較ランキング!

泣く男のポスター
韓国全土に<アジョシ・シンドローム>を巻き起こし、日本でも熱狂的ファンが多い映画『アジョシ』から4年。韓国アクション映画の新境地を切り開いたイ・ジョンボム監督、待望の最新作『泣く男』がいよいよ10月18日(土)日本上陸。
公開まで1か月を切り、本作を一足先に視聴した各界著名人の絶賛コメントが到着した。

★ツウの絶賛! 
“男のカタルシスに心打たれる”“リアリティを追求したアクションから目が離せない”などなど『泣く男』の虜になる人が続出している。
著名人からも絶賛のコメントも以下の通り寄せられている。

こんなにも突き抜けたクオリティ、そして作品に賭ける本気度に ある種のショックを受けました。
――― 二階堂ふみ(女優/『グランドジャンプNo.20』)

キラーは哀しみと尊厳の海に漂う。
この物語は、ただ、ひたすらにチャン・ドンゴンの憂いを凝視することに残酷な美がある。
―――崔洋一(映画監督)

非情な掟と運命に抗う者たちの、魂の慟哭が克明に描かれている。
情念をまとった大量の銃弾と、哀しき肉弾戦に打ちのめされた。 
―――深町秋生(ミステリ作家)

金が有る不幸に無い不幸。だが最後に人を満たしてくれるのは人。
重厚なドラマが激しい肉弾戦、銃撃戦、情報戦の中で描かれた奇跡の作品。
―――横山昌義(「龍が如く」シリーズプロデューサー/脚本・演出)

孤独な男が少女の命を奪った代償に命をかけて闘う姿が胸に迫る。
物語の後半、チャン・ドンゴン演じる殺し屋が、その行動の理由を一言つぶやく。
切ないその一言に注目せよ。
―――神山健治(映画監督)

冷徹な殺し屋が故郷に戻り、情けに動かされての戦いの描写に圧倒され、見終わった時、口がきけなかった。
チャン・ドンゴン、凄い圧巻!
―――ピーコ(ファッション評論家)

(順不同・敬称略)

アジョシ』監督イ・ジョンボムが描く、もうひとつの男のカタルシス
その殺しの報酬は、贖い。完璧だった殺し屋が犯した、ただ一つの過ち。
逃れようのない罪に自ら課したラスト・ミッションとは―
■監督・脚本:イ・ジョンボム 『熱血男児』、『アジョシ』                              
■出演:チャン・ドンゴン『ブラザーフッド』、『マイウェイ 12,000キロの真実』 キム・ミニ 『火車 HELPLESS』、『恋愛の温度』  
ブライアン・ティー『スターシップ・トゥルーパーズ2』、『ウルヴァリン:SAMURAI』 キム・ヒウォン『アジョシ』、『ミスターGO!』   
2014年/韓国/116分/R15+  nakuotoko.jp  
©2014 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved
10/18(土)新宿バルト9、丸の内TOEIほか全国公開

韓国書籍「スターイメージ探求 チャン・ドンゴン」を見てみる!


この記事もよく読まれています!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!

ページ上部へ戻る
Translate »