行政当局によりBoA(ボア)とBoAの父親が告発される!その理由とは・・・?

【無料お試しも▶▶】 韓国ドラマ動画配信サービス徹底比較ランキング!

BoAの写真歌手BoA(ボア)とBoA(ボア)の父親が開発制限区域(グリーンベルト)である水源保護区で10年近く倉庫と管理舎を住宅に使用したとして告発された。

今月14日、京畿道(キョンギド)南楊州(ナムヤンジュ)市は、「開発制限区域である水源保護区で約10年、独立型の建物である農業用管理舎と倉庫を住宅用に使用した疑いでBoA(ボア)とBoA(ボア)の父親を刑事告発した」と明らかにした。

関係者は、「苦情を受け現場を訪問した結果、違法行為が行われていたことを確認した。5,000万ウォン程の履行強制金を科した状態」と説明した。

南楊州(ナムヤンジュ)市によると、BoA(ボア)とBoA(ボア)の父親は2004年2月と2009年8に南楊州市南楊州(ナムヤンジュ)の林野と農地4600㎡をBoA(ボア)と本人名義で買い入れた。BoA(ボア)と父親は、2005年66㎡規模の管理舎と99㎡さの農業用倉庫の許可を得たが、倉庫と管理舎の構造を住宅に不法に変更、暖房も設置した。
BoA(ボア)とBoA(ボア)の父親は、この土地を購入した翌年にも建物の用途変更や増築などで履行強制金を支払っていたことが明らかになっている。

報道についてBoA(ボア)の父親は「ビニールハウスをガラス温室に変えたことを除いては、ほとんど10年前の買取り時のそのままの状態だ。内部を修理して倉庫と管理舎に雨除けを付けたこと以外は、違反したことはほとんどない」と釈明した。

BoA(ボア)の摘発ニュースにネットユーザーは、「私、番組であの家見たことある!」、「法律は守らないと・・・」などといった反応を見せた。


この記事もよく読まれています!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!

ページ上部へ戻る
Translate »