韓国放送大賞、今年はKBSドラマ「鄭道伝(チョン・ドジョン)」が大賞を含め3冠に輝く!!

【無料お試しも▶▶】 韓国ドラマ動画配信サービス徹底比較ランキング!

韓国放送大賞の写真第41回「韓国放送大賞」が3日午後、ソウル永登浦(ヨンドゥンポ)区汝矣島洞(ヨイドドン)KBSホールで行われた。

各放送局からのさまざまな受賞者と作品を輩出される中、最も際立ったのが3冠に輝いたKBSドラマ「鄭道伝(チョン・ドジョン)」であった。

「鄭道伝(チョン・ドジョン)」は、大賞はもちろん、プロデューサー賞(カン・ビョンテクPD)と作家賞(ジョン・ヒョンミン作家)部門にも名前が上がった。歴史的事実をベースにしっかりと安定したストーリー展開で、政治の一面と人間の苦悩を見事に描いたという評価を受けた。

また、 MBC「それはこうです、イ・ジェヨンです」が生活情報ラジオ部門賞を受賞、広州(カンジュ)MBC「探査企画報道」は、地域のニュース報道T賞、大田(テジョン)MBC「時事プラス」は地域時事報道賞を受賞し、地域放送局の番組の活躍に注目が集まった。

その他にも、SBS「ニュー!日曜日は楽しい-K-POPスターシーズン3」が芸能娯楽TV部門を受賞し、キム・サンジュンの「それが知りたい」はTV司会者部門で賞を得た。チョン・ジヒョンとキム・ビョンマンは、それぞれ「星から来たあなた」「ジャングルの法則」で演技者賞、コメディアン賞に輝いた。

「韓国放送大賞」は優秀な番組制作を目指し、放送関係者の創作意欲と士気を上げるため1973年から開催されている授賞式。毎年9月3日の「放送の日」を記念して開催され、今年で41回を迎える。今年はKBSド・ギョンワンアナウンサー、MBCイ・ジンアナウンサー、SBSベ・ソンジェアナウンサーが司会を務めた。

この記事もよく読まれています!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!

ページ上部へ戻る
Translate »