【投票しよう!】あなたはどう思う?韓国映画「さまよう刃」より娘を殺害された父親の殺人は正当か?

【無料お試しも▶▶】 韓国ドラマ動画配信サービス徹底比較ランキング!

さまよう刃
『さまよう刃』
娘を奪われた父の復讐にあなたの倫理観を問う

ミステリー小説の巨匠・東野圭吾による150万部突破の大ベストセラーであり、最大の問題作「さまよう刃」が、実力派キャストを迎え韓国クライム・サスペンスとして映画化、9月6日(土)より角川シネマ新宿、ヒューマントラストシネマ渋谷にて公開された。

『さまよう刃』映画の詳細を見てみる!

愛する娘を奪われた父親の、加害少年たちに対する衝撃の復讐に関して、公開したばかりの日本、100万人近くを動員し大ヒットした韓国でその是非を問うアンケートが実施された。韓国では23万人ものデータが集まり、日本とはその比率が異なるアンケート結果となった。

その質問とは・・・

Q.女子中学生を殺した18歳の少年たち、その少年たちを殺す被害者の女子中学生の父親、父親の殺人は正当か?法ではなく、あなたに問います。

結果は韓国では父親の殺人に肯定する人はなんと9割、およそ21万人以上に及んだのである。そして、殺人はよくないと答えたのは1割にも届かなかった。
一方の日本での結果は約7割が父親の殺人に肯定、殺人はよくないと答えたのが2割、どちらともいえないと答えたのが1割という結果になった。
アンケートに答えた回答者からは「子を持つ親として共感できる」、「法が少年犯罪に甘すぎる」、「娘が同じことをされたら絶対に許さない」といった意見が多数を占める中、「殺人をしたら犯人と同じではないか」との意見も・・・。

比率の差はあれども、日本と韓国両国とも、復讐としての殺人に半数以上の人が肯定という選択肢を選んだというわけだ。もともと法的には復讐自体が禁止されており、殺人は許されないという「冷静な理性」と、愛するものを奪われた者の悲しみという「人間の情」を両天秤にかけた時、映画を観た人たちのほとんどはその感情を揺さぶられ、父親の殺人を肯定するという結果になった。

韓国版の『さまよう刃』は寺尾聡主演の日本版と比べ、加害少年たちをどこにでもいる普通の少年たちとして描き、父親と刑事の絶え間ない葛藤やジレンマ、悲しみ、絶望感がより濃厚に深く描かれている。映画を見る前と見た後ではあなたの感情も変わっているかもしれない・・・。

女子中学生を殺した18歳の少年たち、その少年たちを殺す被害者の女子中学生の父親、父親の殺人は正当だと思いますか?

  • 父親の殺人は正当だと思う(共感できる) (83%, 20 Votes)
  • 父親の殺人は不当だと思う(法律は法律だから) (17%, 4 Votes)

投票総数: 24

Loading ... Loading ...


この記事もよく読まれています!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!

ページ上部へ戻る
Translate »