TABLO、ラジオ「TABLOと夢見るラジオ」100日記念でファン達と映画試写イベント開催!

TABLOの写真 Epik High(エピックハイ)のメンバー、TABLO(タブロー)がラジオのリスナーと楽しい時間を過ごした。

最近、MBCのFM4U「TABLO(タブロー)と夢見るラジオ」でDJを務めるTABLO(タブロー)が放送100日を迎え、100人のファンを招待して映画「The Fault in Our Stars(原題)」の試写会を開催した。

TABLO(タブロー)はファンとのイベントで、100日記念のお餅を配り(※韓国では100日記念などの記念パーティでは可愛らしいお餅がプレゼントとして配られることが多い)、SNSを通して、「『TABLO(タブロー)と夢見るラジオ』100日を記念して劇場を借りた。僕の子供の頃の夢は映画監督だったから、リスナー100分の映画の日!ポップコーン、はじけた」とコメントした。

TABLO(タブロー)はこの日、映画が終わるまでリスナーと一緒に楽しい時間を過ごし、映画が終わった後もリスナー1人1人に対して暖かく挨拶をし、サインをするなど、ファンを大切にする姿を見せていたとのことだ。

試写会に参加したファンは、「1人で行ったから最初は心配だったけど、TABLO(タブロー)お兄さんと一緒に見えて良かった」、「楽しかった!(TABLO(タブロー)の)おかげで見に行けました。良かった」などの感謝のメッセージを伝えた。

「TABLO(タブロー)と夢見るラジオ」は、毎日夜10時に韓国で放送中。今年4月TABLO(タブロー)が5年ぶりにDJに復帰した。


この記事も一緒にどうぞ!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!

ページ上部へ戻る
Translate »