売春容疑で韓国人女優ソン・ヒョナに有罪判決&罰金刑!

女優ソン・ヒョナが売春の容疑で有罪判決を受け、罰金200万ウォンを宣告された。

8日午前10時、水原(スウォン)地裁安山(アンサン)支庁刑事第8単独404号法廷にて、ソン・ヒョナは「証人A氏の斡旋によって、証人B氏と性的な関係を持った疑いが立証された」として有罪判決を受けた。

ソン・ヒョナは昨年12月、性売買斡旋などで略式起訴された。検察は当時、起訴理由として、ソン・ヒョナが2010年2月から3月の間に3回に渡って実業家と性的な関係を持った後、5,000万ウォンを受けたとしていた。ソン・ヒョナの性売春を斡旋した疑いのA氏は、懲役6ヶ月の判決を受け法廷拘束された。

ソン・ヒョナの有罪判決のニュースにネットユーザーは、「有罪判決なんだ・・・!」、「​​ソン·ヒョナ、控訴するのか?」などといった反応を見せた。

ソン・ヒョナは、2007年12月に1歳年下の実業家と結婚するも3年後に離婚した。その後、2010年5月に6歳年上の実業家と再婚したが、1年半前から別居状態にあると伝えられている。

ソン・ヒョナは1994年ミスコリア大会出身で、「お客さんは王だ」「悪い女、良い女」などに出演している。2002年には薬物服用容疑(MDMA(エクスタシー))で懲役1年6ケ月、罰金30万ウォンの執行猶予付き有罪判決を受けたりもしたが、その後映画やドラマで活躍芸能界復帰に成功していた。


この記事も一緒にどうぞ!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!

ページ上部へ戻る
Translate »