脱税騒動のソン・ヘギョ、初めて公式の場で謝罪!「無知から始まった責任・・・」

ソン・ヘギョ映画

映画「ドキドキ私の人生」の制作発表会に出席した女優ソン・ヘギョが、脱税疑惑騒動について初めて口を開いた。

ソン・ヘギョは21日午後、ソウル往十里(ワンシムニ)CGVで行われた映画「ドキドキ私の人生」(監督:イ・ジェヨン)の制作発表会で、脱税疑惑騒動について謝罪を行った。ソン・ヘギョは、映画の制作発表会に先立ちステージに上がり、頭を下げて挨拶した後、「すぐに謝罪を申し上げなければならなかったのに、海外にいたため、すぐに申し上げることができずお詫び申し上げます」と話し始め、あらかじめ準備してきた原稿を読み上げた。

ソン・ヘギョは、「映画の話をしなければならない席に良くない話を申し上げることになり、申し訳ない」との最初の文を読み始めた。脱税容疑について、「2年前、突然の調査依頼を受けて、税申告に問題があることを知った。私も驚いた、税申告の問題があったことを知っていたので不足している税金と加算税をすぐに納付し、過ちを正し、これについては疑いも残さないようにした」と説明した。

ソン・ヘギョはまた、「多くの方々にご迷惑をおかけして、物議を醸した過去の脱税は、どのような説明や理由も理解され難い私自身の過ちである」と認め、「一人の国民として、また、公人として与えられた義務を誠実に履行しなけれならないにもかかわらず、不注意な仕事の処理ではいけないことは大きな間違いを犯した」と謝罪した。

ソン・ヘギョは、「すべてのことは、私の無知から始まった責任であり、この場を借りて、すべての方々に心よりお詫び申し上げる」と述べた。謝罪文の最後に、「映画は、私の個人的の問題を残して自分の役割の評価を受けられるように助けてくださる頭を下げてお願いします」と作品を一緒にした製作陣と俳優たちに申し訳ない気持ちを伝えた。

最近ソン・ヘギョは2009年から3年間、25億5700万ウォンの所得税を納付せずに国税庁に摘発された事実が明らかになり、19日に公式プレスリリースを通じて「税務代理人の不良申告と業務怠慢により、起ったことで、2年前の追徴税と加算税を納付した」と説明した後、謝罪していた。

ソン・ヘギョが主演した映画「ドキドキ私の人生」は、17歳で子どもを産んだ若い親 と、17歳を前にして80歳の身体年齢になってしまった世の中でもっとも老いた息子のストーリーを描いた作品で、カン・ドンウォンとの共演作。9月3日に韓国で公開される予定だ。


この記事もよく読まれています!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!

ページ上部へ戻る
Translate »