ソン・ヘギョ、模範納税者の表彰後から?3年間で25億ウォンの脱税疑惑で…

ソン・ヘギョ映画
女優ソン・ヘギョに脱税容疑の疑いが報じられ謝罪した。

19日、総合編成チャンネルTV朝鮮「ニュース7」が、有名芸能人の脱税容疑について報じ、25億ウォンを脱税した芸能人が、ソン・ヘギョであると伝えた。事件を担当した江南(カンナム)税務署がこの事件を縮小しようとしたという指摘もあり、同疑惑は大きな注目をさらった。

ソン・ヘギョの脱税疑惑が大きく報じられると、ソン・ヘギョはプレスリリースを通じ「過去、問題になった点について、追徴税と加算税を納付しました。税務代理人の手違いから起こったこととしても、納税者として注意を払っていなかったことを謝罪します」と謝罪、「今後、二度このようなことが起こらないように、細心の注意を払っていきます」と伝えた。

報道によると、税務業界と監査院はソン・ヘギョが、2012年ソウル地方国税庁の税務調査の過程で、2009年から3年間、総合所得税申告の際の旅費交通費など総59億5300万ウォン余りの92.3%に相当する54億9600万ウォンを何の支出であるかを証明する書類なしで必要経費として申告していたという。また、一部金額は、クレジットカードの領収書とカードの使用実績明細書が重複して提出されるなどして経費を膨らませたと伝えた。

ちなみにソン・ヘギョは、2009年に模範納税者に選ばれている。模範納税者に選定されると、税務調査の猶予寄与となり、国税庁長表彰以上は受賞日から3年、地方国税庁長・税務署長表彰は受賞日から2年間、税務調査を受けない。ソン・ヘギョの脱税疑惑は、この2009年から2011年まで行われたと指摘された。

ソン・ヘギョ25億ウォン脱税疑惑ニュースはネットユーザーにも大きな衝撃だったようで、「本当にがっかりすぎる」、「これで終わっちゃうの?」、「本当なら手法が巧みだ」「模範納税者に選ばれてたのに・・・」など、様々な声が上がった。

既に、ソウル地方国税庁の調査結果に基づき、加算税などは全納済みとのことだが、カン・ドンウォンとの共演作「ドキドキ私の人生」が、来月3日公開予定という直前の出来事だけに映画のプロモーションや興行成績への影響を懸念する声もあるようだ。


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!





韓国ドラマVODランキング
ページ上部へ戻る
Translate »