ファニ、Fly to the Skyの活動再開を報告!「2014HWANHEE FANMEETING~復活~」取材レポート!ファニのチェキプレゼント☆

【無料お試しも▶▶】 韓国ドラマ動画配信サービス徹底比較ランキング!

ファニ
5年ぶりにFly to the Skyが復活し、韓国各種主要音楽チャート1位を獲得!ソロとしてもボーイズグループMYNAMEのプロデューサーとしても活躍中のファニが、6月29日(日)品川ステラボールにて2014年初のファンミーティング「2014HWANHEE FANMEETING~復活~」を開催した。その様子をレポートします!

「REVIVAL(復活)」の文字がオープニング映像で流れると、白いパンツに紺色のジャケットを着たファニがソロ1stアルバムからメイン曲の切ないバラード『チュグルコンマンガタ(死にそうだ)』を圧巻の歌声で披露した。

会場の大歓声のなか、「こんにちは、ファニです。皆さん、お元気でしたか?去年皆さんに会ってから早いもので7カ月も過ぎてしまいました。皆さん、寂しくなかったですか?(会場「寂しかった~」との声)私もすごく寂しかったです。韓国では5年ぶりにFly to the Skyとしてカムバックし、様々な音楽チャートやテレビ番組で1位をいただきました。これは全部皆さんのおかげです。本当にありがとうございます。今日最後まで楽しんでいただけるように頑張りますので、楽しんでください」と日本語で挨拶しファンを驚かせると、続いて『ベートーベン・ウィルス』のOSTから『ネ サラン(僕の人)』を披露した。

ファニ3

ファニ2

大きな声援に「今日は来てくださってありがとうございます」と照れながらファンに応え、「挨拶をまだ慣れていない日本語でしてしまいまして心から申し訳ございません」と言うファニだが、この日のイベント中には所々で日本語を話してチャレンジしていた。

<質問コーナー>
「どんな質問でも答えていただけますか?」に「僕はなんでも答えます。結婚もしていませんし、彼女もいませんので隠す必要のものなどはありません。(会場から「え~」と声が上がり)でも激しすぎる質問はちょっと…(笑)」と笑いを誘い質問スタート!

「Q.ブライアンさんとのステージを早く見たいですが、いつ頃になりますか?」には「韓国で現在、5年ぶりに本当に久しぶりにカムバックして一生懸命活動しています。現在ソウル、地方都市のほうでコンサートの予定がありますが、日本でも計画を立てていますのでもう少しだけ待っていてください」とファンを喜ばせた。

「Q.ワインは好きですか?どんな味のワインが好きですか?」には、「ホワイトワインよりレッドワインが好きです」と日本語で答え、「Q.日本語の勉強は進行中ですか? 」に「韓国で活動中のため、あまり勉強ができませんが、会話が出来るようになりたいです」と答えたあとにも日本語で「最近韓国で…忙しいです、すいません」と語った。
さらに「Q.落ち込んだ時に復活する方法は?」にも「僕は歌 アンド スポーツ」と日本語で言うと「何かあったのでしょうか?」と質問をくれたファンを心配する姿を見せた。

「Q.最近泣きそうになったくらい、感激したことは何ですか?」という質問には「最近ではもちろん1位をいただいた時とFly to the Skyのコンサートに沢山の方が会いに来てくださって、日本からも沢山の方が来てくださったんです。本当にその時は久しぶりに感激を覚えました」と嬉しそうに答え、この会場にも行かれたファンが多数来ていた。 「Q.ファニさんは子供好きですか?」には「僕は子供と犬が好き。幼い甥っ子が僕のコンサートに来てくれて、ステージに一緒に立ったことがあります。子どもは沢山欲しいとは思わないのですが、ひとつ望みがあるとすれば、それは娘が欲しいです。そして娘もお姫様のように育てたいです。外にも出さないし彼氏も作らせません。宝石のように育てたいです」と語って会場を沸かせた。

「Q.首を曲げるブライアンの真似をしてください」には、首を少し前に曲げながら歌うブライアンの真似をするが、会場の微妙な反応に「僕自身も歌ってる表情があまりよくないし、僕の立場からブライアンさんの真似をしたりするのはありえないなと思います」と恥ずかしそうにコメント。
「以前のファンミーティングでは僕一人が外国人という感じで、ちょっと疎外感があったのですが、今日は全然そんな感じがないんです」と今の心境を語った。

<ファニさんが選ぶのはどっち?究極の選択>
「Q.超能力が使えるならどっち?」では「未来が見える力」より「時間を止める力」と答え、「未来を見える力を知ってしまったら面白くないと思うんです。時間を止めることが出来るのであればいつも憎らしい人と思ってる人を時間を止めて叩きたいです」と言って笑いを誘い、「Q.絶対音感か絶対味覚、なるならどっち?」には「絶対音感」と答え、「ファニさんは持ってるのでは?」に「まだ分からない…」(笑)と日本語で答えた。

「Q.一年間住むならサハラ砂漠?南極?」には、「サハラ砂漠」と答え「あまり寒いのが好きじゃないんです。サハラ砂漠に行ったらいろいろやることがありそう。南極も行ってみたいですが、ペンギンや熊に動物に噛まれるかな?と思って…(笑)」にMCのYumiから「今日の衣装もペンギンみたいですね」と言われ笑顔を見せると、「こういうゲームは15年前の新人の時以来です。久しぶりにやったので昔のことを思い出したり、ファンの皆さんと一緒に出来たのでとても楽しかったです」と嬉しそうに振り返った。

<MYNAMEインスが登場>
ここでゲストにファニがプロデュースするMYNAMEのインスがステージに登場し、「こんにちは」と挨拶するとハグする仲睦まじい二人の姿を見せた。

「プロデューサーのファニさんはどんな人?」と初めて会った印象を聞かれたインスは「最初会ったとき、オーラが凄くて顔も小さいし…でもあまり言葉もないから…ちょっと怖かったんですけど、本当にカッコよかったです」と答えると、逆にインス君の印象にファニは「とても根性があって本当に何かをやり遂げるなという感じがしました。他のメンバーももちろん一生懸命頑張っているのですが、その中でも指折りの一生懸命頑張るメンバーで発展しようと一生懸命努力するインス君です」とインスを大絶賛。

「最初はインス君と僕が双子のように似ているとよく言われていました。(インス「顔じゃなくて雰囲気だけです~」)例えば行動やジェスチャーなど、似ているとよく言われるんです」とファニ。インスが低いトーンで話すファニの真似をすると、ファニは「もう絶対やらないですよ(笑)」と恥ずかしそうに言って笑わせた。

「インス君から見る普段のファニさんはどんな人ですか?」にはインスは「めちゃくちゃ優しい人で放送局に行っても礼儀が凄くいいし、いつもみんなで尊敬してるから、いろんなことが勉強になってます」また、「ファニさんが可愛いと思うところは?」と聞かれると、一緒にお酒を飲んでボーリングした時のファニの様子を語り、会場を沸かせた。

今度は「MYNAMEをどんな気持ちでプロデュースしていますか?」と聞かれたファニ。「最近日本や韓国で活動してるアイドルが多く、MYNAMEもそのうちのひとつですが、アイドルっぽいけれども一線を画してミュージシャンとしての一面も持っていると見てもらえることが僕の目標です。僕の弟分というわけではないですが、普段から一生懸命に練習して、他にも直接曲を作ったり、歌詞も書いたり、もの凄く努力をしているので、僕も本当にMYNAMEには諦めきれない、捨てられないと思っています。本当に頑張ってほしいと思っています」とMYNAMEに対する熱い思いを語った。最後は照れながらもインスと互いに向き合い、「焦らないで一生懸命頑張って、MYNAMEが最高の日を迎えるその時まで一生懸命、一緒に頑張っていきましょう」と師弟愛を見せた。

練習生の時にコヌとジュンQと一緒に、ファニのコンサートでバックダンサーとしてこの品川ステラボールに立ったことがあるというインス。「今年はファニさんと二人で立ったことだけでも本当に幸せです。次はもっと頑張って一緒に歌いたいです」と語り、ファニも「インス君は一人でも本当に歌が上手な歌手です。僕は皆さんにぜひインス君の歌を聞いてもらいたいと思っています」と声援を送った。最後にインスは「今日来てくれたファンのみなさんもこれからファニさんとFly to the Skyさんと僕らMYNAMEのことを沢山応援してください」とアピールして最近好きになった日本の曲として『瞳をとじて』を見事な歌声で熱唱し拍手喝采を浴びた。

続いてFly to the Skyの再結成メイキングフィルムの映像が流れ、MCの「5年ぶりの再結成おめでとうございます」に「ありがとうございます」と笑顔で答えるファニ。9枚目のアルバムでカムバックし、音楽番組でチャート1位となったFly to the Sky について、様々な写真を見ながら自身の思いを語った。

カムバックの前にタイトル曲や収録曲をレコーディング時の2人の写真では、2人での久しぶりのレコーディングの作業に「とても久しぶりで…最初は合わないかなと思ったのですが、ブライアンさんとは15年間ずっとやってきたので、2、3回目くらいからは息が合うようになりました」と互いの絆の深さを語った。

ミュージックビデオの撮影では、「5月でしたが雨に打たれて寒くて寒くて、デビュー後15年の中で一番苦労した作品です。最後のブライアンと殴り合うシーンではブライアンに手を踏まれて指がちぎれるかと思った」と撮影時のハプニングを語り、「いい作品を撮るために一生懸命頑張ったのでまだ見ていない方はぜひご覧ください」とPR。カムバックのショーケース時で2人仲良く笑顔で座っている写真では、「2人は本当にお似合いですよね。僕の方がどちらかというと男性の役割をしています」と微笑ましい姿を見せて会場を沸かせた。

今後のFly to the Sky としての目標を聞かれると、「まずは音楽番組のほうは最後まで頑張りたい。『不朽の名作』や様々な番組にも出てみたいと思います。そして来週からは地方都市を廻る全国ツアーが始まります。今日はここにブライアンさんがいないのが本当に申し訳ないと思うのですが、地方都市の公演のあとには日本でも公演が出来るように計画を立てていきたいと思っています。もともと僕たちはダンスが多いのですが、今日は僕の声で勝負をしたいと思います。早く計画を立てて日本でもコンサートをしたいと思っていますので楽しみにしていてください」と今後の目標を語った。

<プレゼントコーナー>では今回発売したFly to the Skyのフルアルバムと、2人が座っているポスター3名ずつ計6名を抽選。ファニ自ら座席番号を読み上げ直接手渡しをした。さらにカムバックの活動中に着ていたインナーと愛用のブレスレッドも追加でプレゼント。「活動したときのものをプレゼント出来てとても良かったと思います。大切にしてください」とファンを喜ばせた。

プレゼントを貰えなかった全ての皆さんに1曲プレゼントしたいと、去年のファンミで好評だった日本の曲でコブクロの『蕾』を「暗い感じでムーディーに歌いたいので、皆さんも目を閉じて聞きながら一緒にぜひ歌ってください。実は日本の曲は照れくさいからです」と語り『蕾』を力強くも切ない歌声で披露すると会場は大喝采となった。

「僕は除隊したあと、アルバムを出して韓国でいい成績を出して、いい反応をいただいてから日本に来たいと実は思っていたんです。でも本当に運よくまた皆さんにこうして愛されることができ、今日のこの日を迎えられたのですが、ここに来るまで本当に長い時間でした。皆さんが待ってくださった分、これからも日本に来たいと思っています。そしていい歌といい活動で皆さんの応援にお応えしたいと思っています。心から本当にありがとうございます。皆さんも知っていたら一緒に歌ってほしいと思います」と最後に『ファッション 70’s』OSTから『カスム アパド(胸痛くても)』を歌い、サビではマイクを向けファンと共に歌った。

深くお辞儀をして退場するが、すぐにアンコールが沸き、『ファニ&Fly to the Sky』の映像が流れた。Fly to the Skyの人気曲『SEA OF LOVE』を歌いながらファニがステージに登場するとファンは一斉に総立ちになり大熱狂となった。「夏で暑いのでこの曲を選んでみました。でもこの曲はFly to the Sky の曲なので一人ではちょっとぎこちなかったですね。いつも僕が日本に来るたびにこうやって歓迎してくれて応援して熱く叫んでくださって本当に皆さんの情熱に感謝しています。アンコールの最後の曲は皆さんが一緒に歌いたいと願ってくださった曲を歌いたいと思いますので、ぜひ一緒に口ずさんでくださいね。僕が出演したドラマ『オーバー・ザ・レインボー』のOSTから『Tomorrow』を歌いたいと思います」と言うと、会場からは悲鳴が沸き、歌詞がスクリーンに映し出され、ファンも一緒に『Tomorrow』を歌った。

ファニ4

独特の存在感のある圧巻の歌声と沢山のトークで、素顔が垣間見れたファンミーティングは大盛況で終えた。終演後には来場者とのハイタッチ会も行われファンひとりひとりの声援に笑顔で応えた。

【セットリスト】2014年6月29日(日)@品川ステラボール
M1.チュグルコンマンガタ(死にそうだ)
M2.ネ サラム(僕の人)
M3.瞳を閉じて(MYNAME インス)
M4.蕾
M5.カスム アパド(胸痛くても)
アンコール
M6.SEA OF LOVE
M7.Tomorrow

■ファニのチェキプレゼント!
ファニのサイン入りチェキをプレゼント
K-PLAZAのツイッターアカウント(@k_plaza_com)をフォローの上、「フォロー&RTで、ファニのチェキを2名様にプレゼント!締切は7月24日です(^-^)【フォロワーさんプレゼント実施中K-PLAZA】」というつぶやきをRTしてださった方の中から、抽選で2名様に取材当日にK-PLAZA読者様用にいただいたチェキをプレゼントいたします。


この記事もよく読まれています!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!

ページ上部へ戻る
Translate »