PSY、ビルボードのシングルチャート「Hot100」で26位入り!アジア人初の3曲連続のトップ30入り!!

【無料お試しも▶▶】 韓国ドラマ動画配信サービス徹底比較ランキング!

PSYの写真
PSY(サイ)の新曲「HANGOVER」がビルボードのシングルチャート「Hot100」で26位に入り、アジアの歌手としては初めてビルボード「Hot100」で3曲連続でトップ30以内にランクインするという記録打ち立てた。

今月18日(以下現地時間)、ビルボードドットコムは19日に更新される予定の今月28日ビルボード「Hot100」について報道し、「HANGOVER」がこのチャートで26位に入ったと報じた。正式順位発表は、毎週金曜日の早朝に行われるがビルボードは、1日前にチャートに関連したニュースとして主な歌手や曲の順位を事前に発表した。

ビルボードは、「スヌープ・ドッグとフィーチャリングした『HANGOVER』がチャート26位でデビューした。この曲は、チャートスコアの90%をストリーミングスコアで得ており、米国で730万件のストリーミングを記録し、ビルボードのストリーミングソングチャート4位に入っている」と伝えた。また、「セールス部門では、1万6000ダウンロードに達し、チャートスコアで100点を獲得した」とした。

今月9日に公開された先行公開曲「HANGOVER」は、ダンス曲「江南(カンナム)スタイル」、「GENTLEMAN」とは異なり、PSY(サイ)が「ヒップホップのアイコン」であるスヌープ・ドッグとタッグを組んで本格的なヒップホップに挑戦して、大きな話題を呼んでいた。また韓国特有の飲酒文化を面白く描いたミュージックビデオも注目を集め、公開10日目である19日午前時点で6877万件を超え、7000万人突破を目前にしている。

「HANGOVER」の米国プロモーション後14日に韓国に帰国したPSY(サイ)は18日、2014年ブラジルW杯、韓国対ロシア戦を前にソウル・江南(カンナム)永東(ヨンドン)大路で応援ステージを行い、市民と一緒に韓国代表を応援した。


この記事もよく読まれています!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!

ページ上部へ戻る
Translate »