イ・ソンギュン映画「最後まで行く」、公開初日7万9千人動員しボックスオフィス2位に!

【無料お試しも▶▶】 韓国ドラマ動画配信サービス徹底比較ランキング!

映画「最後まで行く」の写真
映画「最後まで行く」(キム・ソンフン監督、 AD406 ・タセポクラブ製作)が公開初日で2位になった。

30日、映画振興委員会映画館入場券統合コンピュータ·ネットワーク集計によると映画「最後まで行く」は、公開初日の29日に7万9,700人の観客を動員しボックスオフィス2位にランクインした。映画「最後まで行く」の累積観客数は、試写会を含めて10万6,172人となった。

「最後まで行く」は、一瞬のミスで絶体絶命の危機に瀕することになった刑事コ・ゴンス(イ・ソンギュン)が、自分が犯した事件を隠蔽し始めたことから起る奇想天外の物語を描いた犯罪アクション映画。イ・ソンギュン、チョ・ジヌン、ジョン・マンシク、シン・ジョングンなどが熱演を繰り広げ、「愛情の欠乏が二人の男に及ぼす影響」を演出したキム・ソンフン監督がメガホンを取った。第67回カンヌ国際映画祭の監督週間部門に招待された「最後まで行く」は、公式上映直後に全世界の評論家の絶賛を受け、公開前から期待が集まっていた。

「最後まで行く」の公開初日、「X-MEN: フューチャー&パスト」 の独走を破ることは叶わなかったが、今後、クチコミなどでどこまで興行成績を伸ばすことができるかどうかに注目が集まっている。

一方、同日、「X-MEN: フューチャー&パスト」は9万6,007人(累積227万903人)で1位に、 「マレフィセント」は5万6,605人(累積5万6994人)を動員した。


この記事もよく読まれています!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!

ページ上部へ戻る
Translate »