新ドラマ「ビックメン」、初回視聴率6%で同時間帯2位を記録!順調な滑り出し!

ドラマ「ビックマン」の写真
KBSの月・火ドラマ「ビッグマン」(脚本:チェ・ジンウォン、演出:チ・ヨンス)が同時間帯視聴率2位で放送をスタートした。

29日、視聴率調査機関ニールセンコリアの調査によると、 28日に放送されたドラマ「ビッグマン」の第1話の視聴率は6.0%を記録した。大人気のMBCドラマ「奇皇后」が26.2%の視聴率を記録し、同時間で堂々の1位の座を守り、「ビッグマン」は2位を記録した。また、SBSドラマ「神の贈り物-14日」は3.7%で3位となった。

「ビッグマン」は、第1話からキム・ジヒョク(カン・ジファン)とカン・ジナ(チョン・ソミン)、カン・ドンソク(チェ・ダニエル)とソ・ミラ(イ・ダヒ)がキスシーンを披露、また主人公を巡る陰謀がドラマのあちこちにちりばめられ、目を離せない展開で視聴者の関心を誘った。

「ビッグマン」は、孤児として育ち、人生を生きていた1人の男が財閥グループの長男になり新しい人生を手にし、自分自身と自分が守るべき大切な人のため、世の不条理に立ち向かうストーリーを描いた作品だ。

KBSの月・火ドラマ枠は視聴率不調が続いていたが、「ビックメン」がその救世主になることができるのか、関係者からは期待が集まっている。

一方、同時間帯で不動の1位をキープしてきたMBCドラマ「奇皇后」の後枠で、新しくスタートするドラマにも視聴者の関心が集まっており、月・火ドラマの視聴率競争が激化するのではないかと見られている。


この記事もよく読まれています!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!

ページ上部へ戻る
Translate »