ハングルの子音 ㅎ |韓国語初級基礎講座

」の音は、派生的にはの音が変化して後にできたものです。ハングルでは「」のことをヒウッ(発音上ではhiwt)といいます。

」の音の特徴は、「他の音より弱い立場なので、文字の組み合わせにより時に弱く発音したり、揮発化してなくなってしまうので、全く発音されない」ということがおこります。ただし、語頭にきた時だけは、日本語の「ハ」行の音より若干強く発音します。あくまでも若干強い程度ですので、日本語の「ハ」行として発音しても間違いではありません、微妙なところです。

」は、ハングルの文字のなかでも一番弱い立場の音であることを忘れないでください。

特に有声音(ㄴ、ㄹ、ㅁ、ㅇ)の次ぎに「」が来ると、この「」は音が非常に弱まるか、
ほとんど発音されなくなります。

ハングルの子音1


    ページ上部へ戻る
    Translate »