オ​・ギファン監督『最後​の晩餐』公開日​決定&各界著名人から​感動のコメント寄せられる

【無料お試しも▶▶】 韓国ドラマ動画配信サービス徹底比較ランキング!

最後の晩餐場面写真
『ラスト・プレゼント』のオ・ギファン監督最新作、中韓合作映画『最後の晩餐』の日本公開日がついに決定、3月1月(土)よりシネスイッチ銀座、横浜ブルク13ほかにて全国順次公開する。

初恋の人と結婚目前、彼女から告げられた突然の「5年間の別離契約」。それはお互いの夢を叶えるための、たった5年の別れのはずだった…はたして2人が夢を叶えた再会の時、約束は守れるのか?

大切な人が自分だけのために作ってくれる思い出のスープ。そんな優しいスープが二人の離れていた時間を静かに温めていくー。

新しいのにどこか懐かしく、何も考えずに笑えたかと思うと、胸が苦しくなるほどの切なさが襲う、そんな不思議なツートーンラブストーリーが、目にも美味しい料理の数々と共に鮮やかに繰り広げられる『最後の晩餐』。

主人公を演じるのは、そのキュートな魅力で中国で大人気の女優バイ・バイホーと、台湾のみならず香港などアジア各国の監督からのオファーが絶えない人気実力派俳優エディ・ポン。「二人と仕事ができて幸せだった」と語るオ・ギファン監督のもと、初恋の切なさと、相手を思うがゆえにすれ違う二人の心情を共に熱演。

伝えたい想いがあるからこそ、大切な人のためにおいしい料理を作り続ける姿が、温かな共感を呼ぶ作品です。
そして今回、公開に先駆けてご覧になった各界著名人の方々から絶賛コメントが続々到着した。

女優・萬田久子さんは、劇中のセリフに触れ「『君の唇が危なかったから・・・』『君の笑顔こそ世界の甘味だ』
照れちゃう台詞をサラリと云っちゃうリー・シンは罪な男!!フワリと受け止めるチャオチャオは、本当にいちいちチャーミング。二人のキラキラに魅了され涙で見えないエンドロール。優しい音楽に包まれて瞬きすることも忘れスクリーンを見つめるだけの私でした。」と大絶賛。

さらに、恋愛ソングの名手、歌手・古内東子さんや、料理の鉄人でおなじみの坂井宏行シェフ、陳建一シェフ、そして、「ラブプラス」などでおなじみのKONAMIのゲームデザイナー内田明理氏、さらに今話題の離婚式プランナー寺井広樹氏などからも熱きコメントが届き、男女問わず、その感動の輪が広がっている!

古内東子(歌手)
食べることは、生きること 生きることは、愛すること 愛することは、信じることそんな、シンプルなのに芯の強いメッセージがストーリーの中にキラキラと散りばめられていました。

坂井宏行(ラ・ロシェルオーナーシェフ)
20年前料理の鉄人の番組を見ているようでした。人生チャンスは一瞬その時その時を大切に信じて生きる事が大切なのだ!!1秒前でも1秒後でもダメ。同じ料理人として感動と興奮を肌で感じるすばらしい作品であったと思う。

ベリッシモ・フランチェスコ(料理研究家、タレント)
恋愛は「SAPORE・味」。料理は「PASSIONE・情熱」。この二つが人生に「COLORE・彩」を添える事を思い出させてくれる感動の作品。

陳建一(四川飯店オーナーシェフ)
料理に込められた2人の美しくも儚い愛の物語。心と心をつなぐ愛情いっぱいの一杯に感動!やっぱり料理は愛情だよね!

内田明理(株式会社コナミデジタルエンタテインメント 「ラブプラス」「ときめきメモリアルGirl’s Side」シリーズ プロデューサー)
日本のドラマが忘れかけているドラマティックなラブストーリー。
自分の心のきれいな場所を思い出させてくれる、現代版「賢者の贈り物」。
トマトとジャガイモと干し筍のスープ、作ってみます。

寺井広樹(離婚式プランナー)
5年前に交わした「別離契約書」が、時を経て二人の運命を試す。
愛の形は人それぞれ。彼らの愛に涙しました。

齋藤薫(美容ジャーナリスト/エッセイスト)
なぜ“5年”だったのか?そこに胸がしめつけられるような尊いドラマが潜んでいた。
愛にまつわる2つの嘘に、人生の悲しいリアリティを感じた、心にまとわりつく超純愛物語。

(敬称略/順不同)

中国では興行収入1億9千万人民元(約30億円)という、中韓合作映画史上最高のヒットを記録した『最後の晩餐』、いよいよ3月1日(土)よりシネスイッチ銀座、横浜ブルク13ほかにて全国順次公開される。

最後の晩餐場面写真2

最後の晩餐場面写真1

最後の晩餐場面写真3

最後の晩餐場面写真5

<ストーリー>
「5年後に会いましょう」。突然飛び出した初恋の人からの“別離契約”。陶芸家を目指す彼女(バイ・バイホー)のお皿に、三つ星シェフを目指す彼(エディ・ポン)が作るスープは最高の組み合わせ。永遠に続くと思っていた笑顔の日々、そしてウェディングドレスの約束が・・・。彼女は上海へ、彼は北京で料理修行。でもそれは、夢を叶えるためのたった5年の別れのはずだった。そして約束の日、彼からの電話が鳴る、「結婚式に出て欲しい」と。思いもしなかった衝撃の言葉が彼女の胸に突き刺さる。果たして、2人が夢を叶えた再会の時、約束は守られるのか?いつも笑顔だったあの頃に戻れるのか?

◆『最後の晩餐』
【原題:A Wedding Invitaiton (分手合約) 2013年/中国・韓国合作映画/中国語/103分】
■出演:バイ・バイホー、エディ・ポン、ペース・ウー、ジアン・ジンフー
■監督:オ・ギファン (『ラスト・プレゼント』)
■配給:CJ Entertainment Japan
■公式サイト:http://bansan-movie.com/

3月1日(土)より、シネスイッチ銀座、横浜ブルク13ほか全国順次公開


この記事もよく読まれています!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!

ページ上部へ戻る
Translate »