東琳メドゥプ博物館(トンリム・メドゥプ・パンムルグァン)

【無料お試しも▶▶】 韓国ドラマ動画配信サービス徹底比較ランキング!

東琳メドゥプ博物館(トンリム・メドゥプ・パンムルグァン)
聞きなれない「メドゥプ」とは、組み紐工芸のこと。東琳メドゥプ博物館(トンリム・メドゥプ・パンムルグァン)は2004年に開館した、組み紐に関する博物館です。伝統韓屋が立ち並ぶ北村(プッチョン)にあり、この博物館も趣きある韓屋のたたずまいで、ぬくもりのある情感にあふれています。

博物館には伝統館、現代館、文化上品館があり、歴史的に価値の高い品々やレプリカ、現代的な作品にいたるまで展示されています。ノリゲ(韓国伝統衣装に付ける装飾品)、ホリティ(腰帯)、チュモニ(巾着などの小袋)、ソンチュ(扇子などに付ける装飾品)、ユソ(旗などに付ける装飾品)など、飾り用のメドゥプをはじめ、糸、紐、装身具などのメドゥプの材料までをくまなく展示しているのです。

館長のシム・ヤンミさんは、失われつつある韓国メドゥプの伝統を継承するために、日々努力を惜しまず活動している人物です。収集だけでなく、作品の復元にも尽力し、これまでに、朝鮮王朝第1代王・李成桂(イ・ソンゲ)の御真(オジン:王の画、宝物第931号)のメドゥプを約6ヶ月の製作期間を経て復元しました。複製とはいえ、こうした歴史的な作品に出会えるのも、魅力の1つです。

東琳メドゥプ博物館(トンリム・メドゥプ・パンムルグァン)は体験教室も開かれています。携帯ストラップは約30分、ネックレスは1時間ほどでできあがるそうです。時間がない方にはお土産も販売されていますのでご安心を。カラフルな色合いだけでなく、細やかな作品たちが、訪れる人の目を楽しませてくれることでしょう。趣きある韓屋の優雅なたたずまいに、楽しさと美しさがあふれている優しい博物館です。

■基本情報
名称:東琳メドゥプ博物館(トンリム・メドゥプ・パンムルグァン)
住所:ソウル市鍾路区(チョンノグ)嘉会洞(カフェドン)11-7
電話番号:02-3673-2778
営業時間:10:00〜18:00
定休日:月曜日
交通アクセス:3号線安国(アングッ)駅2番出口から徒歩または02番バス


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!

ページ上部へ戻る
Translate »