木人博物館(モギン・パンムルグァン)

木人博物館(モギン・パンムルグァン)
木人博物館(モギン・パンムルグァン)は仁寺洞(インサドン)にあるちょっと変わったおもしろい博物館です。「木人」とは木で作った彫刻物のこと。韓国で昔、宗教的な目的や冠婚葬祭、日常生活で使われていた木製彫刻物や木製の民芸品のほか、外国の木製彫刻を集めて展示している博物館です。

仁寺洞キルのメイン通りから少し中に入ったところに木人博物館はあります。「木人」の漢字に木製の人形がぶら下がっている看板が目印。全体に蔦のからまった建物は趣があります。

展示物されているのは、村の入り口に置かれた木製の守り神のようなものや仏教寺院の木造彫刻といった宗教的意味を持ったものから、婚礼用に使われた木製の雁の人形、祭祀用の木魚、亡くなった人を運ぶときに使った喪輿に飾られた木製人形など冠婚葬祭に使われたものまで多様です。どれも無名の職人が作った作品ですが、優れた技術とカラフルな色彩が見る人の目を引くものばかり。特に注目したいのは喪輿に装飾された木製彫刻の数々。馬に乗った男性の人形や、喪輿の前後に魔除けとしてつけられた龍首板も芸術的な作品で見ごたえがあります。館内には国内の木製彫刻だけでなく、木製の仮面や楽器などアジアの木製彫刻も展示されています。

木人博物館の特徴は展示物を目で見るだけでなく、写真を撮ったり、実際に触ることができるという点。すべて人の手で直接作られたものなので、その形や表情にも味があります。

仁寺洞キルのメイン通りを安国駅から鐘閣駅方向に進み、サムジキルまで来ると向かい側に木人博物館の看板があります。ここを右折し黄色い漢方医院が見えたらまた右折。すぐ左に木人博物館があります。入場料は大人5000ウォン、子供3000ウォン。

■基本情報
名称:木人博物館(モギン・パンムルグァン)
住所:ソウル特別市鍾路区堅志洞82
電話番号:02-722-5066
営業時間:10:00~19:00(入場は18:00まで)
定休日:月曜日、1月1日・旧正月・秋夕
交通アクセス:地下鉄3号線安国駅6番出口 徒歩6分、地下鉄1号線鐘閣駅3-1番出口 徒歩5分


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!

ページ上部へ戻る
Translate »