慶熙宮裏通り(キョンヒグン ティッキル)

【無料お試しも▶▶】 韓国ドラマ動画配信サービス徹底比較ランキング!

慶熙宮裏通り(キョンヒグン ティッキル)
慶熙宮裏通りには、騒々しいソウルを飛び出したかのような静かな空間が待っています。
慶熙宮の敷地内に位置するソウル歴史博物館の横にある「ミロスペース」という映画館から、省谷美術館(ソンゴクミスルグァン)までの徒歩15分の路地が慶熙宮裏通りと呼ばれる注目スポットとなっています。
慶熙宮裏通りは、「ソウル歴史博物館裏通り」や「省谷美術館に続く道」とも呼ばれています。
ミロスペースを過ぎて最初の路地に入ると「ギャラリー・リュ・ミエール」、2番目の路地に入れば「省屋美術館」に到着します。大きく四角形を描いて町内を一回りすることになります。
ここは、1970-80年代の住宅街のような古風な通りとなっていて、現代の高層ビルがすぐそこにあったとは思えないような雰囲気を感じられます。

最近では、住宅型レストランも増えてきていて、新しい名所となってきています。新築で建てるのではなく、元々ある家を改造して建てられ、路地と自然に調和しています。

塀の向こう側で立っている木々のぬくもりも路地の情緒を暖かくさせ、所々に見える「芸術の名所」あこの路地を一層豊かにさせています。

 慶熙宮裏通り(キョンヒグン ティッキル)の基本情報

名称 慶熙宮裏通り(キョンヒグン ティッキル)
住所 ソウル市 鐘路区(チョンノ) 新門路1街(シンムンロイルガ)一帯
交通 地下鉄5号線光化門駅7番出口から歴史博物館方面へ直進


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!

ページ上部へ戻る
Translate »