大学路(テハンノ)

PR 夏のメイク崩れをなんとかするにはコレ

大学路(テハンノ)
若い活気あふれる演劇の街として知られている大学路「(テハンノ)」。大学路とは本来、鐘路4街(チョンノサーガ)から恵化洞(ヘファドン)ロータリーに続く大通りを指します。大学路の起源は、ソウル大学がこの地にあったから。1975年、ソウル大学は冠岳(クァナク)キャンパスに移転しましたが、移る前までこの地にソウル大学の文理学部や法学部がありました。ソウルを代表する大学のある街、ということで、当時から若者の活気溢れるエリアでした。

移転にあたり、ソウル大学は、校庭にあったマロニエの木と本館(現在は文芸振興院)の建物を残していきました。これが現在の大学路を代表するマロニエ公園ができた由来です。キャンパス移転以降は、演劇やミュージカルを愛するグループが増え始め、美術館や劇場も創設されていきました。これらが演劇芸術文化の基盤となり、現在はおよそ100の劇場で、毎日多彩なステージが繰り広げられています。

では大学路のお勧め観光スポットをご紹介しましょう!

1. マロニエ公園
ソウル大学の移転前から植えられていたマロニエ。今は大学路を象徴する若さと自由の文化芸術公園になりました

2. 東崇(トンスン)アートセンター
大学路の代表的な公演芸術空間。レベルの高いミュージカルや演劇、映画など多様な作品を鑑賞できます

3. ハクチョンGREEN小劇場
様々なジャンルの公演で新しい文化公演を創出している劇団「ハクチョン」運営の小劇場 

4. 文芸振興院 アルコ芸術劇場
幅広い世代が参加し楽しめる代表的な公演芸術祭が開かれている専門劇場

5. 駱山(ナクサン)パブリックアート
恵化駅から駱山公園に続く小さな路地に描かれた壁画などのアート作品が描かれています

6. 鍵博物館
大学路にある鍵をテーマにした博物館。建築家のスン・ヒョサンが設計した建物が印象的

7. 旧ソウル大学本館(文芸振興院)
韓国初の大学院、京城帝国大学(ソウル大学の前身)の本館 

芸術センスあふれる街の風景は、演劇好きでなくても見て楽しめることでしょう。若さあふれる演劇の街、大学路へ足を踏み入れると、エネルギッシュなパワーを感じることでしょう。

 大学路(テハンノ)の基本情報

名称 大学路(テハンノ)
位置 ソウル市鐘路(チョンノ)区 明倫洞4街(ミョンリュンドンサーガ)一帯
交通 地下鉄4号線恵化(ヘファ)駅一帯


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!

ページ上部へ戻る
Translate »