国立中央博物館

国立中央博物館
龍山に位置する国立中央博物館は、世界6大博物館の1つに挙げられています。
地下1階から地上6階で構成されている建物は、古くから伝えられている韓国の伝統建築文化を現代風にアレンジして設計されました。
元々は景福宮の中にあった国立中央博物館ですが、2005年に龍山に移転され面積は3倍以上にもなって生まれ変わりました。

館内の展示物は約14万点以上にもなり、展示フロア以外にも屋外展示施設や顧客便利施設などもあります。
中でも野外にある「石造物庭園」は景色も良く、若いカップルたちのデートコースとしても人気です。
博物館内には映像案内機と音声案内機サービスも提供しているため、館内のどこから見学していいか迷った際は利用してみると良いでしょう。
このシステムは単純に展示物を説明するだけではなく、館内の円滑な見学コースも案内してくれるので大変便利。

展示館はテーマ別に12コースあり、一度に全部見ようとすると時間が足りないため訪れるごとに違うコースを回ることをお勧めします。
博物館で提供される端末機はオススメコースを案内してくれたりもするので、利用してみましょう。
映像案内機の貸与料は3000ウォン、音声案内機は1000ウォンで便利で充実した見学コースを体験することが出来ます。

また、家族で訪れたお客様には嬉しい「子ども博物館」も見どころの一つ。
楽しい過去旅行というテーマの、目で見て手で触る体験型博物館です。
昔の先祖たちが生活していた住居、農耕、音楽、戦争など大きく4つのテーマに分けられています。
伝統童謡を歌うことの出来る歌うことが出来るカラオケは、子どもと大人がともに参加出来る人気プログラムです。

レストランやカフェ、コンビニ、お土産店、図書館など博物館以外にも施設が充実しています。
外国人もよく訪れる国立中央博物館の中央ホールには常にたくさんのお客様でいっぱい。
外国語パンフレットや解説サービスなど、外国語での案内も充実しているので安心です。

 国立中央博物館の基本情報

名称 国立中央博物館
住所 ソウル市龍山区西氷庫路137
電話番号 02-2077-9000
営業時間 火・木・金09:00〜18:00/水・土09:00〜21:00/日・祝09:00〜19:00
定休日 月曜日、1月1日
交通 地下鉄4号線イチョン駅2番出口

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!

ページ上部へ戻る
Translate »