司諌洞(サガンドン)ギャラリーツアー

PR 夏のメイク崩れをなんとかするにはコレ

司諌洞(サガンドン)ギャラリーツアー
景福宮(キョンボックン:朝鮮王朝時代の宮殿)の石垣道が続く司諌洞(サガンドン)。ここは仁寺洞(インサドン)、平倉洞(ピョンチャンドン)とともに、一緒に江北(カンブク)を代表するギャラリーの小道。「錦湖美術館」「現代ギャラリー」、「国際ギャラリー」などで、韓国でも美術を代表するギャラリーたちです。建物も美術的にセンス良く、独特の雰囲気があります。

必須スポットは・・・

1、ギャラリー現代
40年の歴史がある、韓国の美術界を引っ張ってきた代表ともいえるギャラリー。

2、国際ギャラリー
司諌洞(サガンドン)ギャラリー通り入り口にある美術館で、韓国内外の現代美術作家の作品が展示されています。
3、錦湖(クムホ)美術館
新進作家の可能性を支援する司諌洞(サガンドン)の代表美術館。美術の大衆化にも努めているそうです。

4、ギャラリー ハッコゼ
‘昔のことを習って新しいものを作る’という学古創新をモットーにした、韓国式家屋ギャラリー。

5、ギャラリー センコンテンポラリー
若い作家の作品を展示しているギャラリー。

ギャラリーを訪れて芸術の香りを満喫するのもよし、石垣に沿って散歩するのもよし。司諌洞(サガンドン)に足を踏み入れると、石垣と現代美が融合した、独特の空間を満喫できることでしょう。

■基本情報
名称:司諌洞(サガンドン)ギャラリーツアー
住所:ソウル市鍾路区(チョンノグ)司諌洞(サガンドン)
電話番号:ギャラリーによって異なる
営業時間:
定休日:
交通アクセス:地下鉄 3号線安国(アングッ)駅


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!

ページ上部へ戻る
Translate »