中部市場
1957年にオープンした、韓国で流通している半分以上の乾物が経由する乾物専門の市場です。
イワシやスケトウダラ、海苔、ワカメ、イカなどを主に取り扱っています。
元々は総合市場でしたが、1980年代中盤に可楽洞に農水産市場が出来たため、現在の乾物専門市場へと姿を変えました。
ほとんどの商品が市内より20〜30%程安く販売されており、他の市場に比べて低価格でありながらも乾物の質が高いことで有名です。
また、他国や近郊の海からとれた多様な種類の乾物も取り扱っているので、見て回るだけでも飽きることなく楽しめます。

中部市場の入口は常に人で賑わっています。
大きな青い看板が目印で、地元の雰囲気を味わいたい人にはもってこいの場所。
毎日4時に市場が開かれ、正午までは商人たちを相手に卸売販売をしています。
午後には一般のお客さんにも販売しており、夕方6時くらいになると大体のお店が閉まってしまいます。

数ある商品の中でもお勧めなのがやはりキムチ!
お店で漬けているキムチは市販のものより低価格で、しかも上質。
お店の手作りなので、それぞれの味を食べ比べてみても面白いかもしれません。
種類豊富なキムチは、欲しい量だけを購入することができるのでとても便利。

日本人観光客に特に人気の韓国海苔もたくさんの種類があります。
大型スーパーやデパートで購入するよりもずっとお得です。
海苔は市場の入口付近にたくさん売られているので、最初に買っておくのもよし、帰りに買うのもよし。
お土産に大量購入していく人も珍しくないとか。

また、市場の中には屋台もあります。
スンデやあずき粥など、2000ウォンからというお財布に嬉しい値段で食べることが出来ます。
散策途中で小腹がすいても安心ですね。

 中部市場の基本情報

名称 中部市場
住所 ソウル市中区五壮洞139-11
電話番号 02-2273-0006
営業時間 04:00〜18:00 (店舗により異なります。)
定休日 日曜日、秋夕、旧正月
交通 地下鉄2・5号線乙支路4街駅4・8番出口


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!

ページ上部へ戻る
Translate »