三星美術館リウム

三星美術館リウム
三星美術館、リウムは長い準備期間を経て建てられた、韓国美術と外国美術が合わさった文化芸術空間です。
三星グループの創立者、故イ・ビョンチョル会長が設立し、リウムの「リ」は彼の名字である「Lee」から来ています。
たくさんの韓国の文化財や美術品を収集し、世界的な現代美術家の作品までも精力的に収集し展示している三星美術館リウム。
これらの作品は、主に2つのグループに分けて展示されています。

韓国の古美術品は「ミュージアム1」、韓国と外国の近・現代美術品は「ミュージアム2」で観覧することが出来ます。
また未来を担う子供たちのための「三星児童教育文化センター」があり、主に3棟が主役となっています。
それぞれの建築物は世界的な建築家で有名なマリオ・ボッタ、レム・コールハース、ジャン・ヌベールが1棟ずつ設計し建築されたものです。
一つの敷地内に三人の作家の個性が美しく調和されており、美術館の芸術性を深く感じることが出来るでしょう。

先史時代から朝鮮王朝時代までの陶磁器や工芸品、国宝級の文化財など、約120点が展示されている「ミュージアム1」。
こちらはスイスのマリオ・ボッタが設計した作品で、江南にある「教保タワー」を設計したのもマリオ・ボッタです。
赤煉瓦を用いた外壁、陶磁器をデザイン化した円形ホール「ロトゥンダ」が大きな特徴です。

「ミュージアム2」では、フランスのジャン・ヌーベルがデザインしました。
世界で初めて腐食ステンレススチールとガラスを使用し、土と建物の色の調和が美しく成されています。
1920年代以降の韓国近現代美術品から1945年以降の世界現代美術品までがあり、特に韓国近現代美術品には見慣れた巨匠たちの作品が多く展示されています。

「三星児童教育センター」はオランダのレム・コールハースの作品です。
彼はハーバード大学の教授も務めていることで有名な人物。
ブラックコンクリートを用いて洗練された未来的空間を演出しており、高い芸術性を感じることが出来る建物です。

また、野外に設置された数々の作品も、来館者の目を惹きつけます。
日本人作家タツオ・ミヤジマの「境界を越えて」や、ルイーズ・ブルジョアの作品が主です。
特にルイーズ・ブルジョアの「ママンとスパイダー」は今や美術館の象徴となるほど有名な作品となりました。

館内にはカフェもあるので、一通り観覧したあと休息することも出来ます。
週末の15:00からは外国人のための展示説明会も開催しており、より深く展示品について知ることが出来るでしょう。

 三星美術館リウムの基本情報

名称 三星美術館リウム
住所 ソウル市龍山区漢南洞747-18
電話番号 02-2014-6900
営業時間 10:30〜18:00
定休日 月曜日、秋夕、旧正月
交通 地下鉄6号線漢江ジン駅1番出口


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!

ページ上部へ戻る
Translate »