FTISLAND(エフティーアイランド)、FREEDOMなツアーで大熱狂!

【無料お試しも▶▶】 韓国ドラマ動画配信サービス徹底比較ランキング!

FTISLANDの写真
韓国出身の5人組バンドFTISLAND(エフティーアイランド)が7月11日、FTISLAND(エフティーアイランド) Arena Tour2013~FREEDOM~を代々木第一体育館で行った。

FTISLAND(エフティーアイランド)関連商品の通販はこちら!

連日の猛暑が続いているが、アリーナは始まる前から外と同じくらい暑い熱気が充満。集まったお客さんは、いまかいまかとスタートを待ちわびていた。

FTISLANDの写真2

ドラムのミンファンからステージに姿を現すと、会場は歓声で包まれた。続いてベースのジェジン、ギターのスンヒョン、ギターのジョンフンが
揃い演奏が重なったところで、ボーカルのホンギが登場、ライブの幕が切って落とされた。
5曲目まで駆け抜けるようにロックナンバーを披露。ステージをかけまわり、ファンを煽り盛り上げ、会場の熱気はさらに熱くなった。

途中「SATISFACTION」などをエレクトロサウンドにアレンジし、「FT CLUB」としてメンバーもお客さんもクラブさながらに踊り盛り上がり、会場はクラブのフロアと化した。

FTISLANDの写真3

「映画「フェニックス~約束の歌~」を撮影して、僕にとって幸せってどんなものか考えました。メンバーがいて、友達がいて、そしてライブで歌ってるときがそれでした。幸せはすごく近くにあったんだなと思いました。」(ホンギ)、「このライブのセットリストや編曲を考えているとき、FTISLAND(エフティーアイランド)の
リーダーとして責任感をすごく感じることができました。」(ジョンフン)、「幸せだからわらうんじゃなくて、笑うから幸せになるんです。笑ったら、周りの人も幸せになります。」(ミンファン)、「大変なこともあるけれど、いい曲、新しい曲をみんなに届けることが自分たちのレベルアップにつながるなと感じました。これからもいい曲届けていきます。」(ジェジン)、「後から入ってがんばらなきゃと思ってましたが、このギターのポジションは僕が築いていきます。初心に戻ってがんばります。」(スンヒョン)、それぞれの幸せ、これからの決心を語り、新曲「シアワセオリー」を披露。
この「シアワセオリー」は、「劇場版トリコ 美食神の超食宝」のエンディング主題歌として7月24日にリリースとなる。

FTISLAND(エフティーアイランド)の新たな定番楽曲となった、ツアータイトルともなっている「FREEDOM」を含め、6月13日にリリースされた3rdアルバム「RATED-FT」
の楽曲を中心に、全24曲を披露し、熱いライブは終わりを告げた。

FTISLAND(エフティーアイランド)は、このツアー追加公演となるさいたまスーパーアリーナ公演を7月13、14日に行い、7月24日には「劇場版トリコ 美食神の超食宝」のエンディング主題歌となるシングル「シアワセオリー」をリリースする。

☆FTISLAND(エフティーアイランド) 11thシングル「シアワセオリー」
2013.07.24リリース
CD:
M1シアワセオリー
M2 EYES ON ME
M3 Rainy Day
劇場版『トリコ』エンディング主題歌 

タイトルは「シアワセ」と「セオリー」を合わせた造語。「セオリー」は「理論」という意味で「幸せの定義」という意味のタイトル。
大事な人と別れた後にその人の大切さに気付いて幸せだった過去を振り返りながら幸せとは何かについて歌うという内容になっている。
シリアスな内容でメロディーはキャッチーでノリの良い夏にぴったりなロック・チューンだ。


この記事もよく読まれています!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!

ページ上部へ戻る
Translate »