「男が愛する時」最終回、ソン・スンホンとシン・セギョンの再会でハッピーエンド!

main-in-love
6日に最終回を迎えたMBCの水・木ドラマ「男が愛する時」は、ソン・スンホンとシン・セギョンの再会でハッピーエンドで終了した。

「男が愛する時」韓国版OSTの通販はこちら!

6日に放送されたドラマ「男が愛する時」の最終回では、ソ・ミド(シン・セギョン)とハン・テサン(ソン・スンホン)が思い出の本屋で再会し、ハッピーエンドで幸せな結末を迎えた。

「男が愛する時」は4人の男女の交錯する愛を描いた正統派のメロドラマ。最終回で出生の秘密が解け、複雑な人間関係や葛藤が解決するなど、家族の和解という結末で温かい最後をなった。

6日に放送された「男が愛する時」の最終回は、視聴率を前話に比べ1%アップした12.1%(7日基準、視聴率調査会社ニールセン・コリア調べ)を記録し、同時間帯ドラマの2位で最後を飾った。

同枠では、コ・ヒョンジョン主演の「女王の教室」が6月12日から放送される予定となっている。

写真:MBCドラマ「男が愛する時」


この記事も一緒にどうぞ!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!

ページ上部へ戻る
Translate »